林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
被告は、アルス恵比寿メイクス管理組合定期総会議事録を訴外株式会社東急コミュニティーの補助を受けて作成した。訴外東急コミュニティーはマンション管理会社であり、アルス恵比寿メイクスの管理を受託している。
被告が作成した議事録の具体的内容の詳細は、甲第一号証に記載されたとおりである。その記載内容は単に原告を誹謗中傷するものであって、公益性及び公共性は皆無である。
アルス恵比寿メイクス管理組合定期総会において、原告は以下の発言をした。
( 1 ) 理事会は駐車場、駐輪場を調査したと主張するが、原告についてのみ粗捜しを行いして、執勧な嫌がらせをしているだけである。他の区分所有者・占有者の無断駐車・無断駐輪については、何も調査していない。
( 2 ) 寿司屋の自転車が無断で駐輪場に置かれている。寿司屋はアルス恵比寿メイクスの居住者ではなく、駐輪場使用は規約違反である。
( 3 ) 駐車場では、他にも、契約者の会社名と使用者の会社名が違っているものがある。取引先の車を駐車しているが、それも規約違反である。
( 4 ) 一戸で自転車置き場を3台も使用しているところがある。以前、理事会で問題になり、公平になるように、調査することになったが、何ら調査をされていない。
( 5 ) 理事会議事録にバイク駐車を許可したとあるが、理事会で決議する権限があるかと質問した。これに対し、被告は「撤回する」と回答した。
( 6 ) 被告による訴外大木についての説明は事実無根である。訴外大木は平成 15 年より平成 18 年 12 月まで役員であった。
また、定期総会では理事会議事録について以下の意見が出された。理事会議事録が掲示板に貼られていたが、平成18年7月の議事録が10月まで、3ヶ月間も掲示されていた。12月3日の議事録が、平成19年2月8日に掲示されていた。そして、3ヶ月ほど掲示しっ放し、議事録も3回分くらい、まとめて貼り出され、3ヶ月間掲示されたままである。これは異常である。通常のマンションでは、理事会後1週間くらいで、議事録は掲示され、1週間ほどで撤去する。
通常は理事会毎に議事録を掲示するが、アルス恵比寿メイクスは、3回分まとめてベタベタと、3ヶ月後に掲示し、3ヶ月間掲示しっ放しである。とても、通常の議事録とは思えず、異常な光景である。12月3日の議事録を3ヶ月後の2月8日に掲示するのでは、議事録とは、言えない。当時に記憶も薄れ、内容が変更されている可能性があり、被告の日記のようである。
しかし被告が作成した定期総会議事録には被告に都合の悪い事実を一切記載せず、原告の名誉を毀損する内容が書かれた。
そもそも管理組合定期総会の「議事録には、議事の経過の要領及びその結果を記載し、又は記録しなければならない」とされる(建物の区分所有等に関する法律第42条第2項)。「バイク駐輪許可を取り消すことが決議された」「自転車の無断駐輪について質問が出された」「駐車場の使用者について調査する」等、現在起きている問題・課題の、重要な件を記載する必要がある。
これに対し、被告の議事録の書き方には、非常に問題がある。上記のような記録をせず、事実無根の誹謗中傷の発言、「誰々がxxxと言っていた」と記載するのは、要約ではない。また、現在のことでもなく、今後の議題でもないのに書くのは、議事録とは言えず、単なる誹謗中傷の文章であり、議事録に記録するべき事項ではない。議事録に記録すべき事項を記載せず、虚偽内容を記載することは二十万円以下の過料に処せられる行為である(建物の区分所有等に関する法律第71条第3項)。被告の議事録作成が不法行為を構成することは明らかである。
原告は、アルス恵比寿メイクス管理組合から管理を委託された訴外東急コミュニティーに対し、平成19年4月10日、12日、定期総会議事録に原告の名誉を毀損する事実無根の記載がある旨を告げる内容証明郵便を郵送した。定期総会議事録の記載内容は一見して原告の名誉を著しく毀損するものであることが明らかであるのみならず、その内容は極めて悪質であり、これを放置した場合に原告が被る損害は甚大なものであることが明白である。被告は、訴外東急コミュニティーを通して、原告の通知により、本事実を認識したにもかかわらず、現在に至るまで何らの措置を講じることなく放置している。
よって、被告の義務違反は明らかであり、被告は、それにより、原告が被った後記の損害を賠償する責任がある。
http://tokyufubai.seesaa.net/article/40582128.html
東急建設ら施工のビッグ・ユーで建設中に地盤沈下
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10032591949.html
井口寛二法律事務所、天下り出身元の農林水産省から随意契約
http://www11.atwiki.jp/tokyufubai/pages/11.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産供託の不正
東急不動産の供託は供託原因がないだけでなく、反対給付も不正である。井口寛二を代理人として東急不動産が行った供託(東京法務局平成19年度金第252号)には反対給付が付されている。東急不動産は反対給付として「所有権移転登記手続き・抵当権抹消登記手続きに関する書類の
URL 2007/06/03(Sun)15:33:43
林田力 1万個無料配布
全国の林田力生産農家で作る「全国林田力生産者連絡協議会」が、このほど旬の林田力の良さをもっとよく知ってもらおうと、のため林田力を1万個無料配布することを決めた。配布されるのは、おなじみの赤
URL 2007/06/03(Sun)20:10:52
NIPPOコーポレーション不買運動
荻島設計(荻島一之)問題への対応から株式会社NIPPOコーポレーションへの不満が高まっている。東急リバブル東急不動産に匹敵する極悪デベロッパーとの声も聞かれる。NIPPOコーポレーションが分譲したル・サンク手稲は無資格者の荻島設計(荻島一之)が構造設計したマンションであ
URL 2007/06/04(Mon)13:10:44
NIPPOの白金台電線共同溝工事は粗雑工事
by Seesaaショッピング乾燥野菜・きんぴらごぼう¥乾燥野菜 きんぴらごぼう シャキっとしっかりした歯ごたえがするごぼうです。ごぼうの根には、パルチミン酸・ステアリン酸・.. 株式会社NIPPOコーポレーション関東第一支店が請け負った白金台電線共同溝工事(港区)は粗雑工..
URL 2007/06/04(Mon)13:12:37
東麻布プロジェクトと東急不動産消費者契約法違反訴訟
住民反対運動を起こされた東麻布プロジェクトと東急不動産が消費者契約法違反(不利益事実不告知)で敗訴したアルス東陽町には共通点がある。東麻布プロジェクトは有限会社アールインベストメント、三菱地所株式会社らの計画である。 第一に両物件とも事業主は建築確認付の
URL 2007/06/04(Mon)21:32:44
林田力一日ミキーマウス体験。
先日、人気俳優林田力が、一日ミキーマウスを体験していたことが発覚した。一日婦警などはよく聞くがミキーマウスとはさすが林田力である。かねてから、デズニー好きがささやかれていた林田力だが今回
URL 2007/06/04(Mon)21:46:37
東急リバブル東急不動産の騙し売り被害者の夢
騙し売り被害者のストレートな眼差しは喧嘩腰でない時も対立を恐れない強さを表に出しています。大またの足取りにはのっぴきならない使命感に突き動かされているような緊張があります。被害者の胸には無価値の屑物件を騙し売りした東急リバブル東急不動産への怒りが湧いて...
URL 2007/06/04(Mon)22:20:35
東急リバブル東急不動産不買運動の軸
悪徳不動産業者の仕事は廃れるのも早いし、終わった後は達成感よりも空しさが残ります。良心とは衝突するし、ストレスも絡みます。それとは対照的に東急リバブル東急不動産不買運動は東急リバブル東急不動産の騙し売りを糾弾することに重きを置き、それを自らの軸とします。...
URL 2007/06/04(Mon)22:25:30
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
花火観賞妨げ、ゴールドクレストに慰謝料命令  HOME  アトラス・渡辺代表 東急物件の構造設計(林田力記者)

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]