林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

株式会社東急コミュニティー(取締役社長・中村元宣)で従業員による管理組合の金銭着服が発覚した。東コミが管理を受託する13の分譲マンション管理組合で、東コミ従業員が管理組合様の小口現金収入等の金銭を着服・私的流用し、管理組合会計報告書を改ざんしていた。
着服した従業員は3名で、被害総額は約360万円である。管理組合の口座への入金処理の段階で、従業員が着服した。また着服を隠すために管理組合への会計報告書を改ざんし、報告していた。東コミでは全件とも社内確認が不徹底であったと認める(株式会社東急コミュニティー「お客様へのご報告とお詫び」2010年3月15日)。
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/com.htm宇都宮健児氏、日弁連会長選挙当選の要因
http://www.janjannews.jp/archives/2856556.html
市民メディアは言論を守る闘いの最前線
http://www.janjannews.jp/archives/2864082.html
市民記者懇談会に参加し、「ご意見板」について考えた
http://www.news.janjan.jp/media/0909/0909260822/1.php
トヨタ自動車の大規模リコール問題の課題
http://www.janjannews.jp/archives/2869880.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急リバブル東急不動産の嘘
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動東急リバブル東急不動産の嘘は東急不動産だまし売り裁判で露見した。これまで知らぬが仏で騙され続け、虐げられ苦しめられてきた東急不動産だまし売り裁判原告は死に物狂いで自分のアイデンティティを証明した。原告の立場に立ってみれば、これほど腹が立つ話もないだろう。東急不動産工作員が真っ青になって登場する。「まさかこんなことになるなんて。ここまで本当に有能な人だったなんて」側近たちも困惑顔で追及する。「ですから、以前から申し上げたのですよ。一体どうなさるおつもりですか。...
URL 2010/11/24(Wed)23:38:24
東急不動産取得のバーリントンハウス馬事公苑(下)
【PJニュース 2010年11月21日】これまで日本では建築や不動産について経済の視点から論じられる傾向が強かった。しかし、住宅は生活の場であり、経済の論理だけで語ることのできるものではない。経済優先の発想が耐震強度偽装物件の「経済設計」に行き着いたと言っても的外れではない。これが日本の住環境を貧困にしている要因である。
URL 2010/11/26(Fri)21:03:52
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産消費者契約法違反訴訟の意義  HOME  東急不動産だまし売り裁判と『ONE PIECE』

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]