林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』(Amazon Kindle)は東急ハンズのブラック企業体質に迫る。東急ハンズでは心斎橋店員がサービス残業強要やパワハラで過労死した。ブラック企業では勤務時間が極端に長く、それが大きな負担となってのしかかる。
長時間労働は良好な健康の喪失という重大な損失を引き起こす。ブラック企業では人手不足に悩むことも多い。想像を絶する激務である。ブラック企業では少しの行き違いから機能不全に陥るリスクが高い。それは一般に理性ある人が極めて不便、不快、そして侵害と感じるものである。
PR
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
東急ハンズ過労死も東急不動産だまし売り裁判も東急不動産係長脅迫電話逮捕事件も誰も擁護できない酷い事件である。東急ハンズ東急リバブル東急不動産の悪意と無関心によって不幸な人々が作り出されている。東急被害者は涸れるほどの涙を流している。林田力は全ての東急被害者のために涙を流した。自分自身の東急不動産だまし売り被害も含めて。
多くの人に東急不動産だまし売り裁判や東急ハンズ過労死を知ってもらいたい。読者が文章の一つでも頷いてもらえる部分があれば、それだけで大成功である。

東急不動産だまし売り裁判
東急トラブル
東急ハンズ東急リバブル東急不動産はブラック企業
東急ハンズ過労死
東急ハンズ過労死と渋谷地上げ逮捕
東急ハンズ過労死とワタミ過労自殺
東急ハンズ過労死と東急建設支店長自殺
東急ハンズ過労死と北本市いじめ
東急ハンズ東急リバブル東急不動産不買運動
東急ハンズ東急百貨店不買運動
東急ハンズ東日本大震災便乗批判
東急ホテルズ食材偽装は詐欺
東急不動産工作員の嫌がらせ
猜疑心
遅刻癖
粘着
襲撃
ゲームセンター
明星大学のシンエイエステート紹介批判
フィリピン台風30号被害と放射脳カルト
『フード左翼とフード右翼』
『神の名はボブ』
http://hayariki.zero-yen.com/tokyu20.html
東急ハンズ過労死裁判と東急不動産だまし売り裁判は東急不動産グループのブラック企業的体質を明らかにした事件である。

突然死した男性従業員(当時30歳)の遺族が提訴した訴訟で、神戸地裁は従業員の過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の侵害賠償を命令した。東急ハンズ過労死事件では労働時間が長いだけでなく、パワハラなどの精神的ストレスを認定した。タイムカードを押した後も残業するサービス残業も認定した。東急ハンズはブラック企業そのものである。東急ハンズならぬ東急ブラックまたはブラックハンズである。

東急ハンズはマンションだまし売りで悪名高い東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判は東急リバブル東急不動産が不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした事件である(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス)。東急リバブル東急不動産が隣地建て替えを説明しなかったために日照が皆無になる屑物件を買わされることになった(林田力『東急不動産だまし売り裁判購入編』Amazon Kindle)。

東急ハンズは過労死裁判で「残業を命じていない」など不誠実な言い訳に終始した。これは東急不動産だましうり裁判と重なる。消費者に不誠実な企業は従業員にもブラックである。

東急ハンズ過労死裁判はブログやTwitterなどインターネット上で反響を呼んでいる。東急ハンズがブラック企業であることを知り、「これからは東急ハンズでは買い物をしない」との声が出ている。東急ハンズ不買運動である。東急不動産だまし売り裁判でも裁判を契機として東急リバブル東急不動産不買運動の声が上がった(林田力『東急大井町線高架下立ち退き』「住民反対運動を招く東急電鉄の不誠実」)。

東急ハンズの広報姿勢も批判されている。「東急ハンズ、ウェブサイト見てもTwitterアカウント見ても過労死について触れてすら居ないな。裁判中だから書けないこともあるだろうけど、報道されてることについては何か説明すれば良いのに。まあ、この辺がブラック企業的対応なんだろうけど」。都合の悪い事実を一切説明しない点も不利益事実を隠してマンションをだまし売りした東急不動産だまし売り裁判と同じである。

東急ハンズ過労死裁判がテレビで報道していないことを問題視する見解もある。マスメディアはスポンサーである東急に甘いと指摘する。東急ハンズ過労死裁判の被害者は東急ハンズ心斎橋店の店員であったが、他の店舗の店員の過労死を指摘する声もある。
http://www.hayariki.net/pj6.html
東急ストアはPB(プライベートブランド)商品を乱造した後始末で業績が低迷している。2010年2月期は連結売上高が9.3%減の2754億円の見込み。売上高営業利益率は赤字スレスレの0.8%にまで落ち込む。
PBはメーカーから買い切るために売れ残りがそのまま損失となってしまう。消費者のニーズを反映していないPBは廃棄ロスの山となった。東急ストアの木下雄治社長は「お客様からの天罰が下った」と語る。
PBが低迷の原因と分析した木下社長はPBの削減を断行したが、その結果、売り場スペースが空いたままとなった。従業員に聞くと困惑して「並べる商品がない」「どうやって売り場を作っていけばいいのでしょうか」と答える。木下社長は「PBで数字ばかり追っているうちに、社員が考える力を失ってしまった」と考える。PB削減後の売り場作りが混迷する東急ストアは、今も販売減が止まらない(「安売りだけでは生き残れない」日経ビジネス2010年3月15日号24頁)。
http://hayariki.seesaa.net/article/144134035.html
トヨタ自動車のリコール問題は、だまし売りが争点に
http://www.janjannews.jp/archives/2909239.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1184
「科学的」論争の落とし穴
http://www.pjnews.net/news/794/20100318_8
http://news.livedoor.com/article/detail/4667702/
カーリル | 東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った
http://calil.jp/book/4904350138
インターネット掲示板「東急リバブル東急不動産不買運動」に東急百貨店や東急ハンズなど東急グループを宣伝するスパム攻撃がなされた。スパム投稿者は「東急みんなで買いましょうの会」を名乗る。攻撃元はイー・アクセスである(123.230.28.62.er.eaccess.ne.jp)。スパム攻撃は2009年9月21日から9月30日まで続きた。約960レス以上も書き込まれ、スレッドの書き込み許容量をオーバーさせた。
スパムの大半が「おいしいもの便り》 漁師のまぐろどん 7袋 税込3,990円」のように東急百貨店の食品カタログ「ハロートーク おいしいもの便り」を宣伝する。掲示板運営を阻害する悪質な掲示板荒らしである。東急グループは二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)で自社の利益しか考えない企業体質が批判されている。
スパム攻撃を受けたスレッドは「関連企業 Part4」と題し、創価学会・公明党の関連企業について語るスレッドである。既に報道により、以下の事実が判明している。
東急グループの創業者・五島慶太の孫・五島浩は創価学会員である(増田晶文「東急総帥「五島慶太」没後50年 光芒「五島家三代」後編」週刊新潮 2009年9月10日号50頁)。
池田大作・創価学会名誉会長は五島昇について「「学会が進んできた道は正しい」と周囲に語っておられたとも伺った」と語っている(「第28回 実業界の人々 三井 江戸英雄氏 東急 五島昇氏」聖教新聞2007年12月23日)。
東急建設は創価学会の依頼を受けて、下請け企業に従業員の名前を公明党候補の「支援者名簿」に掲載するように依頼した(「公明候補の支援者集めろ 創価学会が東急建設に依頼」赤旗2003年10月24日)。
東急グループに都合の悪い情報を隠すための掲示板潰しのためのスパム攻撃である可能性もある。
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10354634680.html
http://tokyufubai.blog28.fc2.com/blog-entry-896.html
http://tokyufubai.exblog.jp/9041727/
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20091004
『見捨てられたがん患者さんへ』の感想
http://www.book.janjan.jp/0910/0910011015/1.php
記事と無関係なコメントが悪い理由
http://www.news.janjan.jp/media/0910/0910021097/1.php
2016年五輪の東京落選を歓迎
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41257
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
HOME  次のページ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]