林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いたノンフィクション『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(林田力)は告発本として注目されている。アマゾンの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」欄には矢野絢也『黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録』、古川琢也『セブン‐イレブンの正体』、本田靖春『不当逮捕』が並ぶ(2010年3月14日)。
また、『東急不動産だまし売り裁判』を紹介したサイゾー2010年1月号記事「警察、学会、農業……の危険な裏 告発本が明らかにした「日本の闇」」のヤフーニュース「この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます」欄にもサイゾー「いまだセブン-イレブンを恐れる週刊誌に明日はあるのか?」が登場した。東急不動産だまし売り裁判とセブンイレブン問題に共通の関心を持つ層の存在を示している。
http://hayariki.seesaa.net/article/143766774.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1185
「警察、学会、農業……の危険な裏 告発本が明らかにした「日本の闇」」サイゾー2010年1月号
http://hayariki.seesaa.net/article/139653906.html
恫喝訴訟(SLAPP)対策は攻撃が最大の防御
http://www.pjnews.net/news/794/20100324_8
http://news.livedoor.com/article/detail/4678224/
Knezon[クネゾン]
http://knezon.knecht.jp/items/4904350138
フェイルセーフに欠けたトヨタ自動車の傲慢
http://www.janjannews.jp/archives/2943681.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
林田力『東急不動産だまし売り裁判』を音読
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』を音読すると、その正しさ、その良さ、その品格の高さが一層理解できる。『東急不動産だまし売り裁判』は全てが所を得て、あるべき場所に、あるべき姿で、過不足なく存在している。 脱線して本線を逸れるようなことはなかった
URL 2010/12/12(Sun)08:39:15
東急電鉄対ニュータウン管理組合訴訟判決は住民自治の脅威(中)
【PJニュース 2010年12月9日】第二に区分所有法第31条第1項の解釈である。そこでは以下のように規定している。
URL 2010/12/13(Mon)08:34:34
林田力『東急不動産だまし売り裁判』執筆動機
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 『東急不動産だまし売り裁判』の執筆動機は、東急リバブル・東急不動産に象徴される悪への対抗である。原告は東急リバブルや東急不動産の情けない堕落に対し、単純で偉大な道義の力を対抗させる。東急リバブルと東急不動産のだまし売りを堂々と告発した『東急不動産だまし売り裁判』は様々な妨害を受けるかもしれない。悪徳不動産業者が逆切れしたとしても驚くことではない。困ることは少しもない。『東急不動産だまし売り裁判』の目指すものが人間的で良いものならば、じっと...
URL 2010/12/15(Wed)20:44:52
市川海老蔵暴行事件は反社会的勢力との戦い(下)
【PJニュース 2010年12月17日】もともと元暴走族側は裏交渉での示談を求めていると見られていた。元暴走族側の被害届提出への言及も、海老蔵への揺さぶりの一環とされる。元暴走族が海老蔵に負傷させられた証拠となる診断書にも疑問がある。
URL 2010/12/17(Fri)22:56:59
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産だまし売り裁判とテルマエ・ロマエ  HOME  東急不動産だまし売りの悪質さ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]