林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)の書評記事のヤフーニュース「この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます」欄に日経トレンディ「花粉症シーズン到来!花粉の進入を防ぐ“見えないマスク”とは?」が掲載された(2010年3月14日)。『東急不動産だまし売り裁判』の書評記事はサイゾー2010年1月号記事「警察、学会、農業……の危険な裏 告発本が明らかにした「日本の闇」」である。
「花粉症シーズン到来!」では花粉症対策として、鼻腔クリームを紹介する。東急不動産だまし売り裁判は東急不動産(販売代理:東急リバブル)が不利益事実(隣地建て替え)を隠して問題マンションをだまし売りした事件である。東急不動産がだまし売りしたマンションは、日照・眺望・通風が皆無になった上に通風の喪失から結露が発生するなど生活に堪えない不健康な住居になった。東急不動産だまし売り裁判は経済問題に加えて、健康問題でもあった。

東急リバブル、虚偽広告でお詫び
http://www12.atpages.jp/hayariki/n/22147.htm
東急不動産の遅過ぎたお詫び
http://hedo.at.infoseek.co.jp/m/home/owabi.html
トヨタ自動車・豊田章男社長の謝罪は形だけか
http://www.janjannews.jp/archives/2841396.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急建設ら談合で3700万円賠償命令
北海道森町の官製談合で、消防防災センター建設工事を受注した東急建設と星組渡辺土建に、森町が請負契約に基づき賠償を求めた訴訟の判決で、函館地裁は2010年11月5日、請求通り2社に約3700万円を支払うよう命じた。 森町は割高な工事費を支出することになったと主張する。東急建設らは「談合構造を築いた町が賠償請求するのは信義則に反する」などとして、請求棄却や過失相殺による減額を主張したが、判決理由で蓮井俊治裁判長は以下のように述べて退けた。 「2社は談合で中心的な役割を果たした。行為は正当化...
URL 2010/11/20(Sat)14:26:11
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産だまし売り裁判と『ONE PIECE』  HOME  東急リバブル東急不動産だまし売り裁判

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]