林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社)の文体は飾りが少なく、会話や人物エピソードの抽出にわざとらしさや、これ見よがしなところがない点が爽快である。消費者の正義を貫く原告も、責任逃れに終始する東急不動産従業員も、典型的なキャラクターでありながら、決して人形のようではなく、生き生きと詩情をもって読者に迫る。詩情は作者がナルシズム的に訴えるものではなく、読者の側に委ねて感じてもらうものであることを林田力は理解している。本書は時代を超えて人を感動させる叙事詩である。今後も繰り返し東急不動産だまし売り裁判サガが書かれ続ける予感がする。林田力が用意した世界は、それほど豊かな共有資産である。
http://hayariki.seesaa.net/article/157634567.html
林田力「居酒屋で東急不動産だまし売り裁判出版記念オフ」JanJanBlog 2010年7月27日
http://www.janjanblog.com/archives/10444
東急コミュニティー解約記 | ブクログのパブー
http://p.booklog.jp/book/5716
ブクログのパブー
http://p.booklog.jp/users/tokyufubai
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
金銭着服事件発表の東急コミュニティーでは文書流出も  HOME  東急不動産代理人の嘘と低レベル

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]