林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
東急不動産の新築マンション騙し売りを描いた書籍『東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った』の出版が計画中である。本書の舞台は東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件(平成17年(ワ)3018号)である。
本書は東急リバブル東急不動産の詐欺的な販売手法及び不誠実な対応を明らかにした。本書では東急リバブル東急不動産への痛烈な批判(名言とも評される)が太陽フレアのように放たれている。東急リバブル東急不動産の実態を明らかにしたことで、東急リバブル東急不動産は本書に感謝する理由ができた。礼状を添えて花束の一つでも贈るべきである。
現在の書名『東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った』に至るまでには変遷があった。当初は『こうして勝った―東急不動産欠陥住宅訴訟』であった。しかし、東急不動産との裁判であることを強調するためにタイトルとサブタイトルを入れ替えた。
「東急不動産欠陥住宅訴訟」のタイトルは本訴訟の一面を表している。本訴訟では実際に欠陥施工が発覚している。しかも東急不動産は301号室のアフターサービス提供を拒否した。しかし、本訴訟の本質は不利益事実(隣地建て替え)を隠して問題物件を騙し売りしたことにある。それ故、『東急不動産騙し売り裁判』の方が相応しいとなった。最後に「騙」の字は難しく、平仮名で使われる方が多いことから、『東急不動産だまし売り裁判』に落ち着いた。
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/951
http://hayariki.seesaa.net/article/120313270.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10270782938.html
『情報活用入門 Word,Excelと共に』を読む 林田力
http://www.book.janjan.jp/0905/0905243954/1.php
「司法試験にマンション建設反対運動が登場」ツカサネット新聞
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/38493
「【テレビ評】「天地人」第22回、「真田幸村参上」」ツカサネット新聞
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/38722
http://chirop.seesaa.net/article/120717624.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産だまし売り工作員調査
東急不動産だまし売り被害者を誹謗中傷する工作員について情報収集した。東急不動産だまし売り被害者は東急不動産から数々の陰湿な攻撃を受けている。東急不動産は被害者にアフターサービス提供を一方的に拒否し、東急不動産代理人の井口寛二弁護士は公開法廷で争点とは無関係な被
URL 2009/09/22(Tue)20:02:54
二子玉川再開発差止訴訟は洪水被害が焦点1
二子玉川東地区再開発差止訴訟控訴審(平成20年(ネ)第3210号)の口頭弁論が2009年10月17日に東京高裁822号法廷で開催された。これは東京都世田谷区の二子玉川周辺住民らが二子玉川東地区市街地再開発組合(川邉義高・理事長)を相手に二子玉川東地区第一種市街地再開発事業の差し止めを求めた訴訟である。一審・東京地裁では請求が棄却され、住民側が控訴していた。 口頭弁論では住民側が「準備書面(3)」を陳述し、証拠を提出。再開発組合は原本を提示していなかった証拠の原本を提示した。住民側代理人の淵脇みどり弁護士...
URL 2009/09/23(Wed)10:26:00
東急リバブル東急不動産の本質を暴く
東急リバブル東急不動産だまし売り被害者には東急リバブル東急不動産の本質を暴いて、消費者に知らせる義務がある。東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件のような東急リバブル東急不動産のだまし売りは許されない。悪徳不動産業者が地上げブローカーを雇って消費者に圧力を加えることは論外である。 問題物件の不動産売買契約取り消しを求める消費者の権利は保障されるべきである。ここにこそ消費者運動の本道がある。勿論、危険が伴うことは分かっている。しかし、常に命がけで真実を求めて立ち向かわなく...
URL 2009/09/23(Wed)17:35:28
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
司法試験にマンション建設反対運動が登場1  HOME  東急リバブルの虚偽広告体質

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]