林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件を描いた『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(林田力著)は2009年のNHK大河ドラマの主人公・直江兼続が徳川家康に送った「直江状」そのものである。落ち込んでいる時に読むと晴れやかな気分になれる一冊である。
東急リバブル東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。東急リバブル東急不動産の詐欺的商法には義の入り込む余地は皆無である。これに対し、だまし売りを行った東急リバブル東急不動産を糾弾する原告の姿は上杉謙信や上杉景勝、直江兼続が追求した義そのものである。
http://hayariki.seesaa.net/article/124550189.html
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090803
オンライン書店 boople.com: 本: 東急不動産だまし売り裁判/林田力
http://www.boople.com/bst/BPdispatch?nips_cd=9984737071
東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った : 林田力 - はてなブックマーク
http://b.hatena.ne.jp/asin/4904350138
「【楽天市場】東急不動産だまし売り裁判:楽天ブックス」のクチコミ(口コミ) - ブログ(Blog)のクチコミ ポータル 話題の.jp
http://wadaino.jp/detail/52151899
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『東急不動産だまし売り裁判』闘いの記録
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社、2009年)は不誠実な悪徳不動産業者に対抗して、消費者の権利を守るために闘った記録である。不動産という一生に一度あるかないかの買い物で東急リバブル東急不動産による新築マンションだまし売りが消費者に突然降りかかった。東急リバブル東急不動産は何も知らない担当者(東急不動産住宅事業本部・大島聡仁)への一方的な交代や回答遅延、居留守で問題物件を売り逃げし、消費者に泣き寝入りさせようとした。 本書は東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事...
URL 2009/11/26(Thu)21:30:44
東急不動産だまし売り裁判を報告3林田力
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動  参加者の討議で関心を集めた事項の一つに総合設計制度がある。総合設計制度は公開空地を設けることを条件に容積率や高さ制限を緩和する制度である。簡略化すれば小さな空地を作ることで、本来は建てられない高層建築が可能になる。この総合設計制度に対しては以下のような批判が出された。・高層ビルの社会的悪影響(景観破壊、ビル風、人口増加など)を考慮せず、公開空地だけで高層建築が認められてしまう。・総合設計制度は都市計画と機能的には変わらないにもかかわらず...
URL 2009/11/26(Thu)23:26:24
東急リバブル東急不動産の偏執的だまし売り
東急リバブル東急不動産従業員が偏執的にだまし売りを繰り返すことの特徴は何か。東急不動産(販売代理:東急リバブル)は不利益事実を隠して、新築マンション・アルス東陽町301号室をだまし売りし、裁判で敗訴した。この東急不動産消費者契約法違反訴訟では不利益事実不告知により、売買代金の全額返還が命じられた(東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)。 裁判中に東急リバブルはアルス東陽町の別の住戸の仲介で間取りや用途地域、駐車場料金の虚偽広告を出した。2007年12月には東急リバブル東陽町営業所...
URL 2009/11/27(Fri)19:35:58
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産だまし売り裁判とオバマ  HOME  メンタルヘルスも薬物蔓延も組織や社会の危機管理問題 林田力

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]