林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
原告の発言は全て遮られた。原告が何か話そうとすると、たちまち井口弁護士の顔は赤くなり、頭から湯気が噴き上げ始める。「そのことを言っているのじゃない」「そんなことは聞いていない」とヒステリックに吼える。単に自分の望まない内容を尋問者に答えさせたくないだけである。自分の言いたいことだけを執拗に強調し、罪のない人間を平気で傷つける。
米国の法廷小説では証言を遮った無礼な被告代理人に対し、証人が「わたしの話の途中で口をはさまないでください」と応じた一幕がある。代理人は「先ほどのご無礼を、深くお詫びいたします」と答えた(ジョン・グリシャム、白石朗訳『陪審評決』新潮社、一九九七年、二一三頁)。
しかし井口弁護士は間違いを指摘されると、まるで侮辱されたかのような表情となった。瞳の中ではコロナが噴き上がった。光というより臭跡のようなものであった。不快な臭気を放つ悪意の閃きである。目をギラギラ光らせ、今にも手近な物を投げつけてくるのではないかという顔つきである。体の中に熱湯が注がれていくように赤くなった。顔面を紅潮させながら、一々言葉を噛んで応じ、恫喝を試みているかのようであった。
http://hayariki.seesaa.net/article/118052745.html
(林田力記者)「天地人」第15回、「御館落城」
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/932
(林田力記者)玉川土手で早めのお花見【二子玉川】
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/931
アルス東陽町301号室事件年表
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/928
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20070421
東急不動産(販売代理東急リバブル)消費者契約法違反訴訟資料
http://www12.atpages.jp/~hayariki/uls/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不買運動の熱意
生き方が上手であるということは褒められるものではない。悪徳不動産業者と巧みに取引することに愉快さはない。むしろ心に屈託が満ちるだけである。東急不動産消費者契約法違反訴訟原告の生き方こそ羨ましい。何故ならば嘘がない。己の信じる言葉のままを叫びながら、原告の心には
URL 2009/08/29(Sat)08:16:56
中島賢悟弁護士、虚偽の名前を提示
依頼人の住所・氏名をインターネット上に公開して批判を集めた中島賢悟弁護士(セキュアトラスト法律事務所)は、弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ所属時代には交渉の相手方に虚偽の名前を提示した。中島弁護士の名前は「賢悟」であるが、金崎浩之、森山弘茂、吉成安..
URL 2009/08/29(Sat)17:24:43
裁判を取引の場に堕落させない
裁判を取引の場に堕落させないためには原告の憤りを明確に表明する必要がある。そのために原告は陳述書を活用した。原告は本訴訟で大部な原告陳述書を三回も提出した。甲第一四号証(全四八頁)、甲第四二号証(全六二頁)、甲第五八号証(全八三頁)である。原告は陳述書...
URL 2009/08/29(Sat)21:07:00
弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ評判
弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ(金崎浩之代表)の信頼性がインターネット掲示板「お悩み掲示板@ミクル」で議論された。スレ主は「本当に信頼できる会社(注:弁護士法人)なんでしょうか?」と尋ねる。これに対して、相談者を儲かるか儲からないかで選別しているという噂があるとのレスがなされた。 多額の報酬が見込める相談者には「様」で呼び、儲かりそうもない相談者には「法テラスに相談したら?」と切り捨てる。掲示板では実際に「法テラスへ相談してみて下さい」と言われたとの体験も披露された。ここから判断...
URL 2009/08/30(Sun)09:52:07
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産が原告の証言の一部を  HOME  東急不動産は奇妙な感覚やイデオロギーで

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]