林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
「乙七号証の二は改竄がされている」原告代理人は決定的な言葉を発した。
「改竄というと?」
井口寛二弁護士は声を漏らした。抑制しようとしながらも思わず発した驚きの叫びである。
「こちらの入手した証拠と相違点がある」
原告代理人は、さも何か必要な文書があるような手つきで書類の束をめくっていた。
「そういうことですか」
井口弁護士は小さな吐息を漏らした。原告代理人が東急不動産側に与えたショックは生きたコブラか手榴弾を投げつけた以上のものであった。東急不動産側にとっては恐怖の瞬間であった。裁判官は、いかにも信じられないという表情で、あんぐりと口を開いて井口弁護士を見つめた。改竄した証拠を提出した事実が暴露されたことは東急不動産にとって致命的なダメージであった(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』)。
日本による朝鮮人虐殺「コリアン・ジェノサイド」シンポジウム
http://www.news.janjan.jp/area/0909/0909280859/1.php
松屋、豚と茄子の辛味噌炒め定食発売
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40760
亀井静香金融相のモラトリアム構想を評価する
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41161
【書評】『猫の町』現実に空想が侵食する恐怖
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40912
【書評】『「朝5分」で、健康になりなさい』朝食抜き健康法
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40952
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産だまし売り裁判とトヨタのリコール
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急不動産だまし売り裁判とトヨタのリコール問題は共通する。「トヨタが米当局との間に抱える問題の核心は、安全上の問題について自動車メーカーに求める米国での開示要件と、日本における同社の隠ぺい体質の衝突だという」(「隠ぺい体質で道を誤ったトヨタ」ウォールストリートジャーナル2010年2月11日)。東急不動産だまし売り裁判も東急不動産(販売代理:東急リバブル)が新築マンション販売時に利益となる事実(日照、眺望、通風の良さ、閑静さ)を告げながら、...
URL 2010/02/23(Tue)19:54:19
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『見捨てられたがん患者さんへ』の感想 林田力  HOME  日本による朝鮮人虐殺「コリアン・ジェノサイド」シンポジウム

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]