林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

フリー百科事典「ウィキペディア」で東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件が取り上げられた(東京地判平成18年8月30日、平成17年(ワ)第3018号)。「販売トラブル」と題し、以下のように記述する。
「当社からマンションの一住戸を購入した顧客が、隣地の建て替え計画等を売主が知っていたにもかかわらず故意に告げなかったとして当社を訴え、2006年に地裁で勝訴した事件があった。この事例は、不動産取引に関して消費者契約法4条2項(不利益事実の不告知)を適用し契約の取消しを認めたリーディングケースとして注目される」
ここでは以下の記事を参考文献に挙げている。
林田力「マンション販売トラブルで「お詫び」 東急リバブル・東急不動産」JANJAN 2006年10月4日
林田力「不動産トラブルと消費者契約法」JANJAN 2007年1月23日
http://hayariki.seesaa.net/article/107480606.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/763
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10147137441.html
ブランズシティ守谷(ハッピー守谷)でも近隣対策屋
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10145325755.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ポチの告白」原案協力者が語る
警察権力の腐敗描く大作映画  イベントの最後で寺澤氏は「警察組織に顕著だが、日本は弱いものイジメがはびこる社会になっている」と警鐘を鳴らした。問題なのは自殺してしまうなど弱者もなされるままになっていることである。「弱者も一矢報いるようになれば、強者も少しは気をつけるようになるのではないか」と発言した。  私はマンション購入トラブルで泣き寝入りせず、売主の東急不動産と裁判で争った経験がある(「マンション販売トラブルで『お詫び』 東急リバブル・東急不動産」)。  トラブル当初の東急不動産の態度が正に消費...
URL 2009/01/31(Sat)12:14:00
警察の腐敗に迫る「ポチの告白」
記者は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から不利益事実(隣地建て替え)を説明されずにマンションを購入したために裁判で売買代金を取り戻した経験がある。このトラブルで記者が絶望したことは、一生に一度あるかないかの買い物で問題物件を騙し売りし、消費者の人生設計を狂
URL 2009/01/31(Sat)12:38:41
『ケータイ不安』の感想
 炎上は否定的に言及されることが多いが、これまでは発言の場がなかった市井の個人が怒りを表明できるようになったという側面がある。多くの人が怒りのコメントを書き込むことで、リアル社会におけるデモと類似の効果がある。  例えばビジネス誌の週刊ダイヤモンドは、従来は泣き寝入りしていた消費者がネット上で企業への不満を主張し、炎上させる状況を「お客が企業に対等にモノを言う時代」に突入したと位置付ける(「ウェブ炎上、<発言>する消費者の脅威-「モノ言う消費者」に怯える企業」週刊ダイヤモンド2007年11月17日...
URL 2009/01/31(Sat)15:20:14
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
林田力「のだめカンタービレ」野田恵  HOME  東急電鉄、商号使用差止で敗訴

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]