林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
ジョイント・コーポレーションの経営破綻(2009年5月29日)で不動産業者への資金繰り不安が再燃している。ジョイントの会社更生手続きに対し、市場からは以下の声が聞かれた(「ジョイントが経営破たん、同業他社の資金繰り不安再燃の声も」モーニングスター2009年5月29日)。
「6月末に向けてマンションデベロッパーの資金繰りに対する不安が再燃するのではないか」(準大手証券)
「まだ何件かは破たんが続く可能性がある」(外資系証券不動産担当アナリスト)。
不利益事実を隠してアルス東陽町301号室を騙し売りし、二子玉川ライズで景観を破壊する東急リバブル東急不動産のような悪徳不動産業者は市場から見捨てられて当然である。東急不動産消費者契約法違反訴訟を描いた書籍『東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った』の出版計画も進行中である。
http://hayariki.seesaa.net/article/120488792.html
『情報活用入門 Word,Excelと共に』を読む 林田力
http://www.book.janjan.jp/0905/0905243954/1.php
「【テレビ評】『天地人』第21回「三成の涙」」ツカサネット新聞
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/38631
http://red.ap.teacup.com/hayariki/326.html
http://blog.livedoor.jp/hayariki2/archives/740394.html
「マックバーバーで10分間カット」ツカサネット新聞
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/38318
「司法試験にマンション建設反対運動が登場」ツカサネット新聞
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/38493
『東急不動産だまし売り裁判』書籍化 - バラック・オバマ 応援ポータルサイト 
http://www.barackobama.jp/blog-index.page-clipping-clipping_id-116209.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
だまし売り被害者とマンション建設反対運動の連携
私は2003年6月に東急不動産(販売代理:東急リバブル)から新築マンション(東京都江東区東陽)を購入したが、それは不利益事実(隣地建て替えによる日照・眺望・通風の喪失など)を隠してだまし売りされたものであった。 引渡し後に真相を知った私は消費者契約法第4条第2項に基づき、マンション売買契約を取り消し、東急不動産を相手に売買代金返還を求めて東京地裁に提訴した(売買代金返還請求事件 平成17年(ワ)3018号)。東京地裁平成18年8月30日判決は東急不動産に売買代金の全額返還を命じ、私が全面的に勝訴した。 ...
URL 2009/09/20(Sun)10:32:48
二子玉川ライズに売り逃げ説
東急電鉄・東急不動産のタワーマンション「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」に売り逃げ説が浮上した。東急不動産は利益追求のマインドが非常に強く、三井のようにブランドイメージを追求して結果として長期的に利益を上げるという発想に欠ける。東急リバブル・東急不動産はアルス東陽町301号室でも不利益事実を隠してだまし売りし、売買契約を取り消されている(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』)。 「二子玉川ライズ タワー&レジデンス」の問題はマンション建設地の西側のII-a街区にタワーマ...
URL 2009/09/20(Sun)17:35:39
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
ホロ酔い酒房と二子玉川自然破壊  HOME  (林田力記者)これでいいのか? 入国管理・難民法改正案

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]