林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急電鉄・東急不動産らのブランズシティ守谷の販売不振を予想する指摘がなされた。ブランズシティ守谷の評判が悪いとする。近隣住民だけでなく、少し離れた広告が出回ってる地域の住民にまで笑われている。しかも最近は広告も少なくなっているとする。住民感情を無視する東急電鉄・東急不動産らも流石に評判が悪いことに気付いていると指摘する。
東急電鉄・東急不動産らが広告の凸型通りに建設するならば、土建屋だけが潤う土建屋のための計画としか考えられない。守谷市全体でマンションが売れない傾向にあると、テレビや新聞では結論が出されている。その中でも一番売れないと予想されるのがブランズシティ守谷ではないか。
ブランズシティ守谷の販売不振の根拠は沢山ある。近隣物件に太刀打ちできない状況である。
第一に立地の悪さである。郊外物件なのに駅から遠い。駅から遠いだけでなく、守谷駅にはショッピングセンターもないので、買い物に便利という駅近の特権も享受できない。東急電鉄・東急不動産らは、わざわざ駅までの所要時間を実態よりも少なくする虚偽広告まで出している(林田力「東急の新築マンションでも広告表記訂正」オーマイニュース2008年2月1日)。
第二にブランズシティ守谷建設地は、元々、ショッピングセンターになる計画であった。実際に守谷市は近隣の戸建て購入者に、そのように説明している。それが迷惑なだけの高層マンションになってしまったので、町内会の総意で反対運動が起きている。
第三にブランズシティ守谷の施工会社の清水建設の問題である。市川の高層マンション「ザ タワーズ ウエスト プレミアレジデンス」では鉄筋不足が明らかになった。つくばエクスプレス高架工事でも手抜きが発覚し、指名停止処分を受けた。ブランズシティ守谷の施工でも汚水垂れ流しや外壁破損(しかも一か月以上そのまま壁を直さず放置)という問題を起こしている。
第四に上述のマイナス材料続出の割には価格が高めである。近隣対策屋を雇っていること、他にトラブルを抱えていたこと(新宿余丁町計画、東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件)により、コストがかかっているためと推測される。
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10087363778.html
http://tokyufubai.seesaa.net/article/92417359.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/630
http://tokyufubai.blog.drecom.jp/archive/204
tokyufubaiのRSSリーダー - 受信箱
http://r.hatena.ne.jp/tokyufubai/
警察による違法捜査Part2
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/police/1208603604/l50
イーホームズ社長藤田東吾の告発Part3
http://pc11.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1205491915/l50
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
林田力「ダイちゃんの失敗談『ザイデンシュトラーセン2
 鉄工少年のもとめた絹の道』を読んで」JANJAN 2008年8月13日 http://www.book.janjan.jp/0808/0808114298/1.php  本書は生きる意味を考え、求め続けた著者による自伝小説である。  タイトルのザイデンシュトラーセンはドイツ語で絹の道という意味で、地理学者フェルディ
URL 2008/08/26(Tue)20:48:00
林田力「ダイちゃんの失敗談『ザイデンシュトラーセン2
林田力「ダイちゃんの失敗談『ザイデンシュトラーセン2 鉄工少年のもとめた絹の道』を読んで」JANJAN 2008年8月13日  本書は生きる意味を考え、求め続けた著者による自伝小説である。  タイトルのザイデンシュトラーセンはドイツ語で絹の道という意味で、地理学者フェルディナント・フォン・リヒトホーフェンが中央アジアを横断する交易路を命名した言葉である。日本では英語のシルクロード(Silk Road)として人口に膾炙している。本書では人の成長過程(道)をシルクロードに喩えている。  前著『ザイデン...
URL 2008/08/27(Wed)09:05:39
林田力「記事が記事を生む好循環」
オーマイニュース2008年8月27日 http://www.ohmynews.co.jp/news/20080825/28073 http://m.ohmynews.co.jp/news/20080825/28073  渡辺亮記者によるマンガ『リングにかけろ2』レビュー記事が掲載された。マンガをレビューした拙記事を読まれた渡辺記者が「自分でも書いてみ
URL 2008/08/29(Fri)19:49:59
林田力「アットホームな焼肉「大野屋」」
オーマイニュース2008年8月13日  江東区は焼肉店がしのぎを削る激戦区である。本記事では区役所所在地の東陽にある焼肉店「焼肉大野屋」を紹介する。焼肉大野屋は東京メトロ東西線木場駅と東陽町駅の中間くらいの場所にある。それぞれの駅から徒歩6分程度の永代通り沿いにある焼肉店である。  店舗1階はビビンバ&クッパ(辛ラーメン)専門店となっており、2階および3階で焼肉を提供する。営業時間は午前11時から午後2時半まで(ビビンバ&クッパ店のみ)と、午後5時から11時半まで、定休日は毎週月曜日(祭日の場合翌日休...
URL 2008/08/30(Sat)12:02:46
林田力「『NARUTO(ナルト)第43巻』
林田力「『NARUTO(ナルト)第43巻』 岸本斉史著」オーマイニュース2008年8月15日  本書は週刊少年ジャンプで連載中の忍者アクション漫画の単行...
URL 2008/08/30(Sat)20:11:33
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
横十間川親水公園の桜  HOME  東急リバブル東急不動産との戦い

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]