林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブランズシティ守谷(ハッピー守谷)の広告は意味不明である。モデルルームは2007年9月からオープンしているが、新たに2008年になってからの広告でモデルルームのオープンを謳う。既にオープンしているものを何故改めてオープンするのか、広告からは正直理解できない。
地域住民との関係改善は全く進展していない。町内会として、高層マンション建設に反対しており、何も解決していない。納得できるような解決がされていれば、反対運動ののぼり等はない筈である。購入者にとっては、地域との関係改善について進む見込みがあるのか、大変気になる。世間一般からの注目のされ方も、大分変わってきている。不名誉なことで守谷の知名度が上がるのは困る。
ブランズシティ守谷に反対の議員も2008年2月の選挙で多数当選している。反対の意味で市のお墨付き物件である。地域を無視する東急電鉄・東急不動産は正直、企業としての質が低いとしか言いようがない気がする。
http://tokyufubai.seesaa.net/article/83741354.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10072662770.html
林田力「反対運動には自発的な行動が重要」オーマイニュース2008年2月25日
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080224/21328
都バス<東16系統> 東京駅八重洲口⇒通り三丁目⇒八丁堀二丁目⇒亀島橋⇒新川⇒住友ツインビル前⇒リバーシティ21⇒佃二丁目⇒月島駅前⇒新月島公園前⇒日本ユニシス本社前⇒IHI前⇒豊洲二丁目⇒豊洲駅前⇒深川五中前⇒東雲
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
林田力「オピニオン会員廃止論議に
林田力「オピニオン会員廃止論議に見るコンサルタントの使命」ニュースのたね2008年5月27日 http://www.ohmynews.co.jp/draft/20080527/25631 オーマイニュース(以下、OMN)のオピニオン会員廃止をめぐる議論からコンサルタントの使命について考察したい。コンサルタントは特
URL 2008/06/06(Fri)22:26:50
東急不動産、2段階格下げ
東急不動産のレーティングが2段階も下げられた。大和総研がレーティングを「1」から「3」に引き下げた。理由は「大型開発プロジェクトを前に業績は踊り場であるうえ、総合不動産では財務体質が相対劣位で、社債市場全般の調達スプレッドの拡大傾向、邦銀の貸出金利是正が本格化する可能性にも留意する必要がある」とする。 格下げが尾を引き、東急不動産の株価は下落した。東急不動産の2008年5月9日13時10分現在の株価は、54円安の758円(「東急不動産(8815)は大和総研の2段階格下げが尾を引き、本日も売られて750円...
URL 2008/06/06(Fri)22:30:25
林田力「二子玉川東地区再開発差止訴訟は
林田力「二子玉川東地区再開発差止訴訟は原告敗訴」オーマイニュース2008年5月15日  原告の野崎氏は  「二子玉川東地区再開発は街づくりの計画ではない」 と断言した。また、  「東急がビルと床をつくって売り逃げする計画である。現地を見れば誰も良いプロジェクトとは思わないだろう」 と主張した。  原告の辻氏は  「とても怒りを感じる。再開発地域の85%が私企業である東急グループの所有地であるのに、どうして公共の利益をもたらすものができるのか。700億円の公金を支出するのか」 と問題提起した...
URL 2008/06/07(Sat)11:01:40
東急不動産東急リバブル不買運動オフ2
悪徳不動産業者に正義の鉄槌を下すオフです このオフで似たような境遇の人たちが集まり何かが 変わる切っ掛けにでもなればと思います。 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ http://www.geocities.com/tokyufubai/ http://www.geocities.com/toshibafubai3/
URL 2008/06/07(Sat)20:12:50
林田力「『プライド』と比較してわかる
林田力「『プライド』と比較してわかる『靖国』騒動の論点」オーマイニュース2008年5月28日 http://www.ohmynews.co.jp/news/20080527/25614  映画『靖国 YASUKUNI』(李纓監督)上映に対する抗議は、同じく上映が抗議された映画『プライド 運命の瞬間(とき)』(伊藤俊也
URL 2008/06/08(Sun)15:44:48
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急建設、和歌山県への損害賠償支払い拒否  HOME  東急リバブル、長谷川町子美術館写真で虚偽広告

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]