林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
ブランズ大宮宮原サンマークスは近隣住民からは激しい反対運動が起きている。反対運動側は「ブランズ大宮宮原サンマークス建設地は墓地であり、呪われる」と主張する。ブランズ大宮宮原サンマークスの売主は東急不動産株式会社、建物売主は三洋ホームズ株式会社、神鋼不動産株式会社である。販売代理は東急リバブル株式会社、三菱地所住宅販売株式会社である。施工は五洋建設株式会社である。地上17階地下1階建179戸の巨大マンションである。
ブランズ大宮宮原サンマークスの評価は低い。先ず立地が不便である。JR東日本の土呂・宮原両方の駅から遠い。埼玉新都市交通伊奈線(ニューシャトル)加茂宮駅徒歩5分を謳うが、宮原駅、土呂駅からのアクセスを考えると割高と感じる。ニューシャトルメインでの生活は不便である。間取りタイプは少なく、戸数確保に重点を置いたような物件である。収納が少ない。
http://tokyufubai.seesaa.net/article/33977574.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10025957216.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急コミュニティー批判ブログに削除要求
by Seesaaショッピングワンダーカットフィルム(CM)¥水もいらない、いつでもどこでもなめるだけでOK!食べた物に合わせて2種類のダイエットサプリ!ワンダーカットフィルム ☆政治経済法律電網討論 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 http://tokyufubai.seesaa.net/..
URL 2007/03/18(Sun)10:16:11
東急リバブル東急不動産従業員には土下座する
資格すらない。東急リバブル東急不動産従業員の顔のような汚いものを近づけられる床が可哀想である。嘔吐物を拭いた雑巾よりも臭そうである。 東急グループ企業内では、有り得ないことが数多く現存している。これは不自然であり自然の法則では消滅していくものである。現存しているのは、誤魔化し合いと馴れ合いの結果である。
URL 2007/03/18(Sun)10:19:59
水落光男・一級建築士の資格取り消し
国土交通省は、京都市内のホテルなどで構造計算書の偽造が確認された富山市の水落光男・一級建築士を資格取り消し処分とすることを決めた。2007年3月14日に中央建築士審査会の同意を得て正式決定する(「水落・1級建築士の資格取り消しへ…国交省」読売新聞2007年3月13日
URL 2007/03/18(Sun)10:31:53
東急東横線学芸大学駅の線路上で人が倒れる
東京都目黒区の東急東横線学芸大学駅で2007年3月18日午前7時30分頃、線路に人が倒れているのが見つかった。同線は救出のため約5分間運転を見合わせ、一部に遅れが出た(「東急東横線が一時、運転を見合わせ 線路に人が倒れて」朝日新聞2007年3月18日)。
URL 2007/03/19(Mon)22:17:46
東急不動産が騙し売りで実質敗訴
No.114 by 匿名はん 07/03/03(土) 23:21 東急不動産が騙し売りで実質敗訴の和解に追い込まれたのですから、東急不動産が非難されることは当然です No.116 by 匿名はん 07/03/18(日) 21:39 一生に一度の買い物で無価値
URL 2007/03/19(Mon)22:55:42
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
放射能汚染食品についての東急ストアの無理解  HOME  東急建設、平成19年3月期業績予想を下方修正

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]