林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不買運動家は静かで落ち着いた室内で心地よさそうに寛いでいた。カジュアルな装いであったが、その姿は目を見張るようであった。不買運動家の立ち居振る舞いは、どのような服装でも優雅に見えた。不買運動家に比べれば、東急リバブルや東急不動産の営業が、ひどくつまらないものに思えた。
二人は型通りの簡単な挨拶を交わした。天候から始まり、スポーツの話題、経済の停滞について互いの意見を述べ合った。不買運動家は口が達者で、原告の返事に応じて、どのようなことでも気軽に話した。本題に入る前に不買運動家は原告を見て、心配そうに眉を曇らせ、原告を気遣った。
「ゆっくり休養をとらなければ」
http://www.hayariki.net/tokyu/cre.htm
短い言葉に、ここまで暖かさを込めることができるのか、と原告は感心した。不買運動家は必要な言葉を不愛想にならないように注意深く相手に届ける。言葉は惜しむが、言葉未満の優しさが見え隠れしていた。東急リバブル・東急不動産に対する激しい告発者であり、当意即妙のフットワークを見せる不買運動家であったが、最も得意なことは人と心の絆を作ることであった。
東急リバブル・東急不動産に対する彼の話は激烈であった。どこがどうということなしに不買運動家は尊敬や畏怖の念を聞き手の心に呼び覚まし、しかも、ごく自然な態度のうちに聞き手を気楽にさせようと気を配っていた。原告は不買運動家とならば、いくらでも会話を続けられそうな気がした。
http://www.pjnews.net/news/794/20110603_1
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://sites.google.com/site/hayariki4/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』死語  HOME  『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』武士語

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]