林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の第3の問題は地権者や住民に十分な説明もなく、東急グループ中心に進められていることである。たとえばI-b街区の商業棟は元々8階建てと説明されていた。それがいつの間にか16階建てとなり、階数が倍増してしまった。このような不誠実な説明が横行している状況に住民の不信感は高まっている。
この不誠実さは東急の体質的なものである。筆者は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から東京都江東区の新築マンションを購入したが、不利益事実(隣地建て替えなど)を隠してだまし売りしたものであり、裁判で売買代金を取り戻した(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、2009年)。また、東急電鉄については秘密主義と住民への不誠実な対応が住民反対運動を噴出させていると分析されている(「「ブランド私鉄」東急沿線で住民反対運動が噴出するワケ」週刊東洋経済2008年6月14日号)。
広汎な反対運動にもかかわらず、現在は第1期工事が進行中である。町中至る所で工事を行っており、工事現場の中を道路が通っている感がある。二子玉川駅東口を出ると目の前が工事現場で塞がれる。工事現場を迂回しなければ目的地に着くこともできない。
再開発工事は住民の日常生活に大きな悪影響を及ぼしている。ニコタマの魅力や住民が抱く街への愛着が日々壊されている状態である。二子玉川は後世に悔いを残すバブルの遺物と成り果てる瀬戸際に立たされている。
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10362998754.html
http://tokyufubai.exblog.jp/9092492/
「天地人」第40回、「上杉転落」
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41307
【書評】『バッド・ドリーム』日本政治の闇をユーモラスに描く
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/41364
『3時間でわかる!LEC式 はじめてのFP教室』の感想
http://www.book.janjan.jp/0909/0908309502/1.php
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/3787/1255404655/l50
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/3787/1255404958/l50
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ネット右翼の東急不動産だまし売り裁判攻撃
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 ネット右翼(ネトウヨ)が書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(林田力著、ロゴス社刊)を誹謗中傷していることが明らかになった。ネット右翼は著者(東急不動産だまし売り被害者)に対する人格攻撃まで行っている。陰湿なネット右翼の攻撃には気持ち悪さを禁じ得ない。排外主義団体・在特会(在日特権を許さない市民の会)の背後には保守政治家や財界の影があると指摘されている。東急不動産だまし売り被害者への攻撃も同様であると考えられる。東急リバブル東...
URL 2010/03/10(Wed)20:09:48
東急不動産だまし売り被害者の信念
悪徳不動産営業は冷ややかな光をにじませた眼差しの底から、凶悪犯さながらの獰猛な熱情が吹き上がり、一瞬、その顔を赤く照らした。東急不動産だまし売り被害者は、こみ上げる嫌悪感に身震いした。抑えがたい憎悪と反感で体中が煮え返りそうであった。 「東急リバブルと東急不動産は不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。それ故に消費者契約法に基づき、売買契約を取り消します」 声高に言い切った東急不動産だまし売り被害者の頬は、信念を貫き通したと確信している人間に特有の高揚で、ほんのりと染まってい...
URL 2010/03/12(Fri)20:48:26
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『3時間でわかる! LEC式 はじめての診断士教室』の感想  HOME  弁護士法人アヴァンセ被害者の会が連帯

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]