林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
悪徳不動産営業を血生臭い消耗戦の方向へと駆り立てたものは、第一に東急リバブル東急不動産不買運動の広がりであった。第二に彼自身の暗い凶暴な性格が暴走した結果であった。悪徳不動産営業は企業工作員を雇い、東急リバブル東急不動産不買運動に無意味な襲撃を仕掛けた。この襲撃は悪徳不動産営業の野蛮さを知らしめただけであった。東急リバブル東急不動産不買運動を沈黙させることに何の影響も与えることができなかった。
企業工作員は、まるで漫画の世界の悪徳暴力刑事であった。その顔には恐ろしい憤怒の形相を見せていた。
「頭がおかしいのではないか」
東急リバブル東急不動産不買運動家は冷ややかに言った。しかし、その瞳には頭がおかしければ相手は何をしでかすか分からないという不安な表情が浮かんでいた。
続いて吐き気を催すような光景が展開された。工作員は不明瞭な怒りに詰まった声で罵りながら、東急リバブル東急不動産不買運動家を拳で殴り始めた。その見事な体躯にもかかわらず、東急リバブル東急不動産不買運動家は防戦に努めるだけで積極的に反撃しなかった。
東急リバブル東急不動産不買運動家は企業工作員が自分を殺すかもしれないことを認識していた。彼自身が殺人を犯す場合、あらゆる勇気と決意を呼び覚まさなければならないのに対し、企業工作員には人間を殺すための獣の自然さが備わっていることを認識するだけの分別があった。それ故に東急リバブル東急不動産不買運動家は企業工作員よりも遥かに善良な人間であった。
「この豚野郎、殺してやるぜ」
この言葉が緊張を和らげた。当然のことながら、もし企業工作員に殺すつもりがあるならば、決して脅し文句を吐くことはないからであった。それを実行できないからこそ、企業工作員は欲求不満を味わいながらも脅し文句を口にしたのであった。猛烈な殴打の雨にもかかわらず、それほど東急リバブル東急不動産不買運動家は傷ついていなかった。今や恐怖は治まりつつあったが、屈辱の念が胃をムカつかせ、吐き気が押し寄せてきた。
http://news.livedoor.com/article/detail/4901585/
http://www.pjnews.net/news/794/20100711_22
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産代理人の嘘と低レベル  HOME  だまし売り裁判での東急不動産の時間稼ぎ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]