林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
安永正昭、鎌田薫、山野目章夫編『不動産取引判例百選第3版』(有斐閣、2008年)に東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件・東京地裁平成18年8月30日判決が引用された。今西康人「マンション販売における不動産業者の告知義務」にて不利益事実不告知で契約の取消しが認容された例として紹介された(31頁)。
東急不動産消費者契約法違反訴訟は東急不動産(販売代理:東急リバブル)が不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした事例である。裁判を詳述した書籍『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の出版も計画されている。
http://hayariki.seesaa.net/article/121095148.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10278022618.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/961
【テレビ評】「天地人」第10回、「二人の養子」、日本人の汚さ
http://news.livedoor.com/article/detail/4057811/
不動産不況下でJリートフェア開催
http://news.livedoor.com/article/detail/4064157/
【テレビ評】『天地人』第11回、「御館の乱」、義を貫く華姫
http://news.livedoor.com/article/detail/4064265/
【テレビ評】戦前の欠陥を描く「落日燃ゆ」
http://news.livedoor.com/article/detail/4065984/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
悪徳不動産業者の憎しみ
悪徳不動産業者は、提訴した被害者への憎しみをかきたてない限り、活力が湧いてこない。それも全てを焼き尽くすほどの憎しみで礼を尽くすという考えは消し飛んでしまう。その典型が東急不動産であった。嫌がらせを怖がってはならない。「突けば壊れる。そう思われているうちは何度でも同じ目に遭うに違いない」(落合誓子『バッド・ドリーム 村長候補はイヌ!?色恋村選挙戦狂騒曲』自然食通信社、2009年、106頁)。それ故に原告は地上げブローカー(井田真介)が圧力をかけた時は内容証明郵便で東急不動産に抗議した。 http://d...
URL 2009/10/05(Mon)20:46:05
2016年五輪の東京落選を歓迎 林田力
そもそも東京は立候補すべきではなかった。東京の招致活動は国民の支持が低調であるにもかかわらず、石原慎太郎・都知事に代表されるように一部が異様なほどに熱意を示したことが特徴である。 この背景には1964年東京五輪の「成功体験」があると考えられる。1964年の東京五
URL 2009/10/05(Mon)23:11:29
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
林田力記者 ツカサネット新聞記事一覧2  HOME  林田力 ツカサネット新聞記事一覧

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]