林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原告は監督官庁である東京都都市整備局に申し出た。東京都の行政指導によって、東急不動産は態度を翻した。東急不動産が強気になるのは、少し脅せば折れてしまうような弱い相手と向き合う時だけであった。弱いもの苛めしかできない企業であり、睨み返されようものなら、たちまちヘナヘナと腰砕けになる。
東急不動産は供託金を自ら取り戻した上で、六月二八日に原告側に現金で金銭を支払った。所有権移転登記も東急不動産が和解調書に基づき登記原因「訴訟上の和解」で単独申請した。新築マンションの販売だけでなく、和解調書の履行においても東急不動産の誤りが糺された。
http://hayariki.seesaa.net/article/122077617.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/975
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10290033556.html
格差社会における『千と千尋の神隠し』の不条理
http://news.livedoor.com/article/detail/4213485/
北芝健が犯罪の手口を講義
http://www.maniado.jp/community/neta.php?NETA_ID=4027
「東陽院に十返舎一九の墓所【中央区勝どき】」ツカサネット新聞
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/39050
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
西川善文・日本郵政社長の怒りは不当1
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 日本郵政の西川善文社長は10月20日に日本郵政本社(東京都千代田区霞が関)で記者会見を開き、社長辞任を表明した。 会見で西川社長はカメラのシャッター音がうるさいと怒った。新聞各紙では以下のように報道された。・産経新聞「西川社長はカメラマンに、「もう少し離れろ」と激怒した。」・サンケイスポーツ「『(撮影を)ストップしないなら出ていってください』とけん制し、会見は始まった。」・日刊スポーツ「西川氏は、カメラのシャッター音に、不機嫌な表情をみせ...
URL 2009/10/24(Sat)17:16:41
「天地人」第41回、「上杉の生きる道」林田力
戦国武将・直江兼続の生涯を描くNHK大河ドラマ「天地人」第41回「上杉の生きる道」が2009年10月11日に放送された。今回は会津百二十万石から米沢三十万石へ減封された上杉家の苦労を描く。石高が4分の1に減少したにもかかわらず、上杉家は一人の家臣の召し放ちもしなかっ...
URL 2009/10/24(Sat)23:10:07
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『東急不動産だまし売り裁判』協賛募集  HOME  東急不動産・井口弁護士の反対尋問

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]