林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
信平狂言訴訟(信平信子暴行疑惑裁判)において信平側の主張は変遷した。提訴時は暴行回数を一回と思い込んでいたが、瀬川健二・木皿裕之が新たに原告代理人を受任した後、「訴訟代理人の質問によって、暴行回数が二回であることを思い出した」と主張した(倉田卓次他『判決訴権の濫用』日本評論社、2002年、132頁)。虚偽の主張に訴訟代理人である瀬川健二、木皿裕之が大きな役割を果たしていることが読み取れる。
都合が悪くなると主張を変遷させるのは東急不動産消費者契約法違反訴訟における東急不動産も同じである。当初、東急不動産は自ら捏造した証拠(乙第1号証)を原告に配布したアルス東陽町の図面集であると主張した。これに対し、原告は乙第1号証が捏造したものであることを主張し、正しい図面集(甲第16号証)を提出した。その後、東急不動産は恥知らずにも甲第16号証を原告に配布した図面集であると主張を変遷させた。
また、東急不動産は以下の虚偽主張も変遷させた。「康和地所は、訴外隣地所有者に対して、敷地境界をフェンスではなくて、ブロックまたはコンクリートにすること、本件マンションの北側の2階、3階の開口部を片ガラスにすることで検討することを説明していた」(被告準備書面2005年4月21日。原文のまま。片ガラスは型ガラスの誤り)。
これに対し、原告は3階が型ガラスに決まったのは康和地所が東急不動産にリリーベル東陽町サーモス建設地を転売した後であると反論した。すると東急不動産は別の証拠(株式会社SHOW建築設計事務所代表・金井照彦陳述書、乙第9号証)により、あっさり前言を翻した。「2階まで半透明の窓にしていましたが、東急不動産担当者から将来対応の為、また隣接地所有既存建物が居室内から見えることについて視覚的な配慮の理由より3階まで半透明の窓にしたいとの要望を受け、計画しました」。即ち3階までを型ガラス(半透明の窓)にしたのは康和地所ではなく、東急不動産であるとする。
月岡彰構造研究所、最終頁なしで構造計算書提出
http://tokyufubai.bravehost.com/a/branz/gisou5.htm
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10032014085.html
東急不動産による図面集捏造
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10031957055.html
アップルパレス丸の内で耐震強度不足
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10031880519.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急リバブル東急不動産不買運動です。
東急リバブル東急不動産は近隣住民の反対を無視して景観破壊の大型マンションを建設し、購入者には不都合な事実を隠して問題物件を販売する企業です。各地で反対運動や裁判が起きています。http://www.geocities.jp/shouhishahogo/http://www.geocities.com/tokyufubai/http://rain.prohosting.com/~rain7/http://www.geocities.com/toshibafubai3/東急不動産、マンション購入者の年収を暴露...
URL 2007/05/28(Mon)22:27:00
二子玉川東地区再開発事業を一旦中止し、計画の見直しを求める申入れ書
要請書「二子玉川東地区再開発事業を一旦中止し、計画の見直しを求める申入れ書」 世田谷区長 熊本哲之 殿 2007年1月22日 「にこたまの環境を守る会」会長・野崎 宏 世田谷区は二子玉川東地区市街地再開発組合から昨年12月27日に提出された 「権利変換計画認可申請」を自ら審査すること無く本年1月5日東京都に送付した。 担当者によれば「認可庁は東京都なので世田谷区はその内容をいちいち審査しない」とのことであり、その姿勢にはこれからの生活再建がどうなるのかと苦悩を重ねる住民への配慮...
URL 2007/05/28(Mon)22:36:35
東急不動産のブランズ八王子狭間に懸念
東急不動産のマンション「ブランズ八王子狭間」(八王子市狭間町1451番7、8(地番))に懸念の声が出された。物件周辺には高層マンションやイトーヨーカドー八王子店があるため、日当たりやベランダからの景観が悪そうという。周辺には店舗の他に東京工業高等専門学校もある
URL 2007/05/28(Mon)22:42:55
買ってはいけない東急リバブル・東急不動産
東急コミュニティー東急建設東急不動産東急リバブル不買運動東急不買 東急不動産不買東急不動産東急リバブル不買宣言 http://ameblo.jp/tokyufubai/http://tokyufubai.seesaa.net/東急リバブル東急不動産不買運動http://blog.livedoor.jp/hedo2/東急リバブル東急不動産被害者...
URL 2007/05/28(Mon)23:13:47
東急不動産物件構造設計者は無資格(アトラス設計・渡辺朋幸)
東急不動産の新築マンションは一級建築士資格を保有していない無資格者が構造設計(構造計算)を行った。問題の物件は東急不動産の「アルス東陽町」(江東区東陽一丁目、2003年9月竣工)である。構造計算はアトラス設計(渋谷区富ヶ谷)の渡辺朋幸代表が行った。渡辺朋幸代表...
URL 2007/05/28(Mon)23:17:21
東急不動産、抵当権抹消書類提出の先履行を要求
東急不動産は3000万円支払いに当たり、抵当権抹消書類提出の先履行を要求した。無理難題を押し付け、原告を破産に追い込むことが東急不動産の目的である。そもそもアルス東陽町301号室の抵当権抹消と3000万円支払いは引き換えにあり、東急不動産は先履行を要求する資格はない。 実際問題としても抵当権抹消書類は住宅ローン(東急リバブル提携ローン)貸し手の三井住友銀行深川支店が発行するものであり、東急リバブル提携ローンの全額弁済が前提になる。東急リバブル提携ローンの弁済は東急不動産が支払う3000万円から行うことが...
URL 2007/05/29(Tue)21:39:47
ふたたび世田谷区二子玉川東地区再開発計画(とくに権利変換)の現況にかかわる件
要請書「ふたたび世田谷区二子玉川東地区再開発計画(とくに権利変換)の現況にかかわる件」 東京都知事・石原慎太郎様 東京都都市整備局・民間開発課、担当・関係各部局御中 2007年1月12日 日々のよりよいまちづくりのための尽力に、敬意を表します。 本件再開発組合は、
URL 2007/05/29(Tue)22:14:16
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
トステムのトラブル  HOME  アップルパレス丸の内で耐震強度不足

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]