林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一一月一六日、原告は改めて大島に電話するがやはり不在だった。東急リバブルお客様相談室藤田室長代理に電話する。
藤田「東急不動産は、東急リバブルとは別会社ですので、無関係です」
藤田は通り一遍の回答を返すののみである。
原告「東急不動産の担当とされる人物には何度も電話をかけているが、全く連絡が取れない」
藤田「こちらから大島に連絡をして、折り返し電話をさせることはできます」
原告が電話をしてもつながらないのに、東急リバブルからならば連絡をつけられると言う。大島が手紙に記載したダイヤルインの電話番号は偽りだったようである。
原告「しかし先ほどのお話だと、東急リバブルと東急不動産は別会社なので、会社対会社の関係があるから、手順を踏む必要があり、迅速な対応ができないのでしょう?」
藤田「はい」
「結局、何もしない、ということですね」
藤田「……」
原告「アルスのようなボロマンションを売りつけて、売ったら売りっぱなしとはぼろい商売ですね」
正鵠を射た指摘のためか藤田は無言を返した。
原告「では東急不動産に電話をするので、東急不動産のコールセンター窓口を教えてください」
藤田「別会社なので知りません」
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
林田力「無言電話逮捕の東急不動産係長は  HOME  妙ちきりんな東急リバブル東急不動産

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]