林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急リバブルは媒介するアルス東陽町301号室の広告で管理会社名を誤って記載する。東急リバブルの広告では管理会社名を「日本ハウズィング株式会社」とする。しかし、「日本ハウズイング株式会社」が正しい。社名も正確に記せないとは呆れてしまう。
社名を正しく記載できないのは親会社の東急不動産も同じである。東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件において東急不動産は「株式会社康和地所」と記述した(被告準備書面、2005年7月8日)。正しくは康和地所株式会社である。東急には、いい加減な体質が染み付いている。
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10066583434.html
林田力「東急リバブル媒介物件でお粗末な事件発覚」オーマイニュース2008年1月30日
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080128/20227
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
不動産
不動産の売却に絶対的な金額はありません。より高く買ってくれる不動産業者にお願いしたいですよね。
URL 2008/04/23(Wed)10:38:57
不動産
不動産の価格がどのように決められているかご存知ですか?実は、不動産の価格とは正確に決まっているものではないのです。
URL 2008/04/23(Wed)13:03:15
不動産
投資向けの不動産を購入するにあたって、何が一番重要になるのでしょうか?立地?間取り?周辺環境?投資向けの不動産に限らず、不動産の購入にあたっては、いろいろと弊害が出てくる場合があります。そのときは不動産専門の業者にお願いしていろいろ相談にのってもらうのがベストですよ。
URL 2008/04/30(Wed)16:38:15
東急田園都市線沿線で硫化水素自殺
東急田園都市線あざみ野駅から約800メートルの住宅街で2008年4月26日、硫化水素による自殺事件が発生した。現場は田園都市線あざみ野駅から約800メートルの横浜市青葉区新石川のマンション(七階建て)の四階である。 異臭が発生したマンションの部屋の浴室で高校三年の男子生徒(17)が倒れており、間もなく死亡が確認された。室内から硫化水素が検出された。室内に張り紙があったことなどから、青葉署は自殺とみている。マンションの住民ら約50人が一時、近くの大学の建物に避難した。うち1人が体調不良を訴え、病院に運ばれ...
URL 2008/05/13(Tue)22:30:29
東急ストア、東急電鉄の完全子会社化
東京急行電鉄は2008年4月27日、同社が39.6%出資する東急ストアを株式交換で完全子会社化すると発表した。東急グレープでは既にホテルや百貨店などが上場廃止、完全子会社化されている。 東急ストアは業績が伸び悩み、電鉄の全面支援を受け入れた格好だ。大手流通業などの攻勢を受ける電鉄系スーパーの苦境が浮き彫りになった。電鉄系企業は、グループ内部の取引が活発なうちは良いが、一度外部の競争に直面してしまうと脆さを露呈する。東急ストアの店員の態度は高飛車で不快との声もある。 7月1日付で株式交換を実施。東急スト...
URL 2008/05/14(Wed)21:11:51
アルス東陽町301号室事件提訴最後の数ヶ月
東急不動産消費者契約法違反訴訟に至る最後の数ヶ月は目まぐるしく水面下の工作が行われた。東急リバブル東急不動産騙し売り被害者の間では秘かに同盟が結ばれた。東急不動産住宅事業本部の野間秀一らは隣地所有者を通して示談交渉を依頼し、時間稼ぎを図った。アルス東陽町301号
URL 2008/05/16(Fri)21:19:57
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
アルス東陽町301号室広告の変遷  HOME  東急リバブル東急不動産のイメージは騙し売り

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]