林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

インターネット回線について以下のやり取りがなされた。
原告「インターネット回線はないのですか。他ではマンションLANがあることころもあります」
中田「ありません。インターネット接続形態については色々ありますので、入居者それぞれがご自分で選べるようにしています」
しかし、購入から一年経つか経たないかの時点でマンション管理会社(東急不動産の子会社である東急コミュニティー)はNTTの光ファイバーの敷設を管理組合に提案した。これが採用されたために、現在はNTT以外の光ファイバーやADSL提供業者と契約することが困難な状況である。
http://npn.co.jp/article/detail/30508206/
二子玉川ライズ反対運動
http://www.mybookle.com/indiv/bookle/2099
東急不動産だまし売り裁判購入編(6)
http://www.janjanblog.com/archives/12802
不動産仲介手数料の不合理(2)新築マンション
http://news.livedoor.com/article/detail/4960201/
http://www.pjnews.net/news/794/20100820_4
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
二子玉川ライズ反対運動  HOME  東急リバブルの手付金催促

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]