林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
東急不動産だまし売り裁判原告は動悸が静まり、呼吸も治まってきた。目を閉じ、微笑を浮かべながら顔を太陽に向けた。顔をなでるそよ風を体内に入れ、神経細胞に送り、生命そのものと一体化させたかった。東急リバブル東急不動産不買運動家が強さと穏やかさを持ちながら人生を歩み、他人から恐れ敬われるような雰囲気をもたらしているのは、そのせいであった。
どれほど威張ってみても、大企業の看板をちらつかせても、一着数万円のスーツを着ても真似できないような雰囲気を彼に与えているのは、そのせいであった。彼は生と死の間を間を当然のように自信を持って歩き、刻々の世界を楽しみ、下賎な欲望にまみれた悪徳不動産営業のような連中から自分達を区別し、その上に立っていた。
悪徳不動産営業の不吉な予感は消えなかった。それでも目覚めた時に感じていた漠然とした不安を追い払うことは困難であった。意識をすればするほど脈拍があがり、胃がドキドキするような気がして食欲が出なかった。ほとんど耐えきれないような焦燥、自分の身体の中で激しく踊っている心細さであった。今、確実に一つの世界が存亡の時を迎えていた。どうすべきかは最初から分かっていた。
しかし、悪徳不動産営業がしたことは時間稼ぎであった。人間は地上で僅かな時間しか与えられていないのに、その多くをイライラのうちに送り、時間の過ぎ去ることを待っているというのはおかしなことである。時計やカレンダーを見ながら、分を、時間を、日を、週を、月を、年を急がせ、一瞬一刻を無駄にして自らの死に向かって急いでいた。
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1284
http://tokyufubai.at.webry.info/201005/article_17.html
林田力「中央区勝どき・東陽院に十返舎一九の墓所」JanJanBlog 2010年5月28日
http://www.janjanblog.com/archives/3842
林田力「シングルイシューの重要性」PJニュース2010年5月28日
http://news.livedoor.com/article/detail/4794627/
http://www.pjnews.net/news/794/20100528_1/
林田力「広島のオリンピック招致は被爆地を汚す」PJニュース2010年5月29日
http://news.livedoor.com/article/detail/4796858/
http://www.pjnews.net/news/794/20100528_12

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
ブランズ文京小日向 レジデンスに低評価  HOME  林田力「『千一夜の館の殺人』ありそうでない弁護士探偵」

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]