林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急リバブルの平成21年3月期決算は大幅な減収減益であった。連結決算は前年比で売上高は20.2%減少、営業利益82.5%減少、経常利益82.9%減少、当期純利益は88.1%も減少した。東急リバブルは金融機関の融資姿勢の厳格化による不動産流通市場の悪化を要因として分析する(東急リバブル平成21年3月期決算短信3頁)。不利益事実を隠して問題物件を騙し売りした東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件や逆瀬川営業所迷惑隣人事件のような詐欺的な販売手法を真摯に反省すべきである。
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/942
http://hayariki.seesaa.net/article/119631476.html
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090517
『警察庁出入り禁止』を読む (林田力)
http://www.book.janjan.jp/0905/0905103052/1.php
http://chirop.seesaa.net/article/118859297.html
【テレビ評】『天地人』第20回「秀吉の罠」、脚本の一貫性
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/38460
宇宙基本計画(案)に宇宙開発廃止論を対置する
http://www.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/38434
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産の無礼な協議
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 一二月一二日、東急リバブル渋谷センター(渋谷東急プラザ)六階会議室にて協議が行われる。電話で大島聡仁は「建物の入口でお待ちしています」と言っていたが、一一時になってもいない。不安の微粒子が原告の心で踊りまわった。自らエレベータで七階まで上がる。事務所の受付で来訪の目的を告げる。「アルス東陽町三〇一号室契約解除の件で藤田お客様相談室長代理と協議に来ました」しかし受付の担当者は困惑の色を浮かべた。「何も聞いていない」という様子であった。受付担...
URL 2009/09/12(Sat)09:42:12
東急電鉄・五島哲急死
東急電鉄取締役の五島哲が2007年12月に、岐阜市長良福光のホテルの浴槽で急死した。五島哲は東急グループ創業者の五島慶太の孫でである。平成2年6月から東急建設社長を務めたが、10年12月に経営不振の責任を取って退任した。「哲の“おぼっちゃま気質”が、脇の甘さ...
URL 2009/09/12(Sat)12:02:21
東急創業家・五島浩は創価学会員
東急グループの創業者・五島慶太の孫で、二代目総帥・五島昇の息子の五島浩は創価学会員と報道された。「創価学会の信者でもあり、時おり現地の集会にも顔を出す」(増田晶文「東急総帥「五島慶太」没後50年 光芒「五島家三代」後編」週刊新潮 2009年9月10日号50頁)。 池田大作・創価学会名誉会長は異母兄・五島哲の死去に際して以下のように述べている。「先日、東京急行電鉄の取締役であり、学会の会館建設にもご尽力をいただいた五島哲氏が逝去された。謹んで哀悼の意を表したい」。父親の五島昇についても「「...
URL 2009/09/12(Sat)17:39:09
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『警察庁出入り禁止』を読む2  HOME  東急不動産平成21年3月期は減収減益

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]