林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

足りない。東急リバブル東急不動産は、これまでの非道を頭を冷やして猛省すべきである。まず、「自分には悪い習慣がある。口先だけで行動が何ら伴っていない」ということを認識すべきである。自分の立場からしか物事を判断しないことは危険である。「俺はいいんだ」という認識は捨て、「俺が問題だ。どう変わらなければいけないか」と反省しなければならない。自分の欲を満たすために人を踏み台にする典型的な身勝手な人間であることを自覚しなければならない。他人に対する感謝・尊敬の念や謙虚な気持ちの有無が問題を大きくした。
http://tokyufubai.seesaa.net/article/35949712.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
公正取引委員会、官製談合疑惑で緑資源機構を捜索
農林水産省所管の独立行政法人「緑資源機構」(本部・川崎市、前田直登理事長)発注の林道測量コンサルタント業務をめぐる官製談合疑惑で、公正取引委員会は2007年4月19日午前、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で、機構本部や発注先の公益法人、関係者宅などを強制調査..
URL 2007/04/19(Thu)20:52:43
農林水産省所管の緑資源機構で官製談合疑惑
農林水産省所管の独立行政法人「緑資源機構」(川崎市、前田直登理事長)が発注する林道整備の調査業務の入札で、同機構側が主導的に落札予定業者を選定するなど「官製談合」が繰り返されていた疑いが強まっている。天下りを受け入れた井口寛二法律事務所と農林水産省の随意契約の問題指摘と前後して、奇しくも農林水産省所管独立行政法人の官製談合疑惑が浮上した。 談合の疑いがあるのは、同機構の林道整備事業の地質調査や環境調査、測量等の入札である。同機構の全国8カ所にある地方建設部の林道課長が落札予定業者を割り振る原案を作成。本...
URL 2007/04/20(Fri)21:15:00
東急不動産が裁判で改竄証拠を提出
東急不動産がアルス東陽町301号室の不利益事実を知っていたことは明白であった。最終的に東京地裁平成18年8月30日判決が以下のように認定した通りである。 「被告は、本件売買契約締結当時、隣地所有者から本件マンシ
URL 2007/04/20(Fri)21:22:23
アルス恵比寿メイクスで誹謗中傷
アルス恵比寿メイクスでは新築当初から共用廊下に、家具を置いている人がいた。意識の高い住民が理事長に就任した2年前に撤去してもらった。しかし撤去を要求する理事長は逆に違反者達から嫌われ、理事長に対する執拗な嫌がらせ、虐めが始まったという。 理事長退任後に、
URL 2007/04/20(Fri)21:42:07
東急不動産支払い拒否の真相
消費者契約法第4条第2項に基づき売買契約が取り消されたアルス東陽町301号室についての売買代金返還請求事件控訴審(東京高裁平成18年(ネ)第4558号事件)で成立した訴訟上の和解で定められた3000万円の支払いについて、東急不動産は期限経過後も履行していない。 被控訴人は抵当権抹消のために必要となる東急リバブル提携ローンを一括返済することを借主である三井住友銀行深川支店に連絡した。抵当権抹消登記のための書類及び3000万円の受取証を用意し、平成19年3月28日に三井住友銀行深川支店において3000万円の...
URL 2007/04/21(Sat)18:05:46
東急不動産代理人井口寛二の虚偽説明
東急不動産代理人・井口寛二は被控訴人に対し、虚偽の説明をした。井口寛二は「執行文付与の証明は公文書でなければできない」との珍説を強弁した。 東急不動産が和解調書に基づき所有権移転登記をする場合、事件記録の存在する裁判所か
URL 2007/04/21(Sat)18:09:42
アソシアコーポレーション、トラブル相手の勤務先に圧力
アソシアコーポレーション株式会社(千代田区三番町、三浦浩一郎社長)はトラブル相手(消費者)の勤務先に押しかけた(2007年4月13日頃)。勤務先への圧力は従業員に対して最も効果的な嫌がらせである。悪徳不動産業者の典型的な手口である。このような会社が宅地建物取引
URL 2007/04/21(Sat)18:20:29
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
ガキンチョ★ROCK  HOME  東急のやり方はどのジャンルにおいても手が汚い

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]