林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急リバブル東急不動産アルス東陽町301号室の騙し売り事件についての記事が公開された(林田力「マンション販売トラブルで「お詫び」 東急リバブル・東急不動産」JANJAN 2007年10月4日)。東急不動産(販売代理:東急リバブル)がアルス東陽町301号室販売時に不利益事実(隣地建て替え、作業所による騒音)を隠して騙し売りした事件である。
物件引渡し後に騙し売りの真相が判明し、消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づき不動産売買契約が取り消された。東京地方裁判所平成18年8月30日判決は東急不動産に売買代金全額2870万円の返還を命じた(平成17年(ワ)第3018号)。
本記事では東急リバブル東急不動産がウェブサイトに掲載した「お詫び文」について分析している。「東急リバブル・東急不動産とも被害者の損害回復については言及せず、紛争の未然防止・再発防止ともっともらしく謳いあげているが、具体的な内容が記載されていないため、論評には値しない」と結論付ける。
http://www.news.janjan.jp/living/0710/0710023335/1.php
芦屋美整体 カラバラツイスター
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10050485818.html
ブランズシティ守谷(ハッピー守谷)でも近隣対策屋
http://tokyufubai.seesaa.net/article/59990935.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
usjzjgycqv
<a href='http://new-news-4u.com/news/12999'>vod: Five left on the sidelines Guardian Unlimited</a>
usjzjgycqv 2007/11/28(Wed)09:46:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不買は泰平建設に抗議
東急リバブル東急不動産不買運動は泰平建設株式会社によるノボリ等撤去の仮処分命令申立てに抗議する。泰平建設は「マンションが売れないのは反対活動による住民の妨害のせいである」として、足立第一公団跡地マンション建設反対の会が設置する反対看板の撤去および、ブロ...
URL 2008/01/21(Mon)23:26:16
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急東横線・日吉駅前でバイクで歩行者蹴り死なす  HOME  ブランズシティ守谷(ハッピー守谷)でも近隣対策屋

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]