林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急リバブルは株主優待を廃止した。廃止理由では「サブプライムローン問題に端を発する急激な市況の悪化により大幅な減収減益となり、配当も減配を余儀なくされた」とする(東急リバブル株式会社「株主優待制度の廃止に関するお知らせ」2009年11月27日)。インターネット掲示板では「優待廃止になったので売ります。さようなら」「もう、買うこともないだろう」と書き込まれた。
東急リバブルは不利益事実(隣地建て替えなど)を隠してだまし売りした東急不動産のアルス東陽町301号室の販売代理である。購入者から消費者契約法(不利益事実不告知)により売買契約が取り消され、東京地裁平成18年8月30日判決は東急不動産に売買代金全額の返還を命じた(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。
二子玉川ライズに酷評
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/640
http://sns.atfb.jp/view_diary/3156/22740.html
二子玉川ライズは住民不在
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10090420696.html
二子玉川ライズは住民軽視
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20091015
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10362998754.html
二子玉川ライズによる苦しみ
http://avance.iza.ne.jp/blog/entry/1345842/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産が裁判で改竄証拠を提出
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 東急不動産がアルス東陽町301号室の不利益事実を知っていたことは明白であった。最終的に東京地裁平成18年8月30日判決が以下のように認定した通りである。「被告は、本件売買契約締結当時、隣地所有者から本件マンション完成後すぐにその北側に隣接する所有地に旧建物を取り壊して3階建ての作業所兼居宅を建て替える計画であることを聞かされて知っていたのであり、しかも隣地所有者からも康和地所の井田を介してマンションの2階、3階の購入予定者にはその旨必ず伝...
URL 2010/08/01(Sun)08:57:32
東急不動産だまし売り現場検証
原告代理人「是非とも現場検証をお願いします。現場に行けば終わりも見えます」 裁判官「キーとなるのは隣地所有者と考えます。隣地所有者がどう言ったかということ。どのように伝わってどうなったのか。建てるとは聞いているが、いつ建てるとは聞いていなかった」 原告代理人「それが被告の主張です」 裁判官「そのため被告は重要事項で将来建てられることがあると説明した」 井口弁護士「重要事項で説明できるほどの確定的な事実ではなかった」 裁判官「これに対して原告の主張は、被告は知っていたにもかかわらず説明しなか...
URL 2010/08/01(Sun)13:05:45
東急コミュニティー解約記(12)管理会社変更
【PJニュース 2010年7月29日】相次ぐ杜撰な管理の発覚で事態を重視したアルス管理組合理事会では複数の管理会社に見積もりを依頼することにした。管理会社10社以上に見積もりを依頼した結果、現行と同程度のサービス内容で、年間60万円~170万円も管理委託費を軽減できることが判明した。
URL 2010/08/01(Sun)17:46:15
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急リバブルYahoo!検索ピックアップ  HOME  二子玉川ライズ百度Bingピックアップ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]