林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
東急リバブル渋谷センターからの情報流出が指摘された。流出が指摘されたのは東急リバブル株式会社渋谷センター情報開発2課・黒木裕介(くろき ゆうすけ)のファイルである。ファイルにはコンシェルジュ_不動産査定報告書、下期活動方針、施設サービス計画書が含まれる。
2007年2月24日現在、渋谷センターから情報開発2課はなくなっている。情報開発2課がなくなる前の渋谷センター・ウェブサイトに黒木は以下のコメントを掲載していた。「お客様との出会いを第一に考えております。率直なご要望をお聞かせ下さい。宜しくお願い致します」。
127[名無し]さん(bin+cue).rarsage2007/02/23(金) 22:06:55 ID:8VbZR4z10
[殺人] YPesci(20070222-002034)のキンタマ.zip
東急リバブル株式会社渋谷センター YUSUKE_KUROKI
119巻コンシェルジュ_不動産査定報告書(東 **様).ppt
18 年下期活動方針.doc
施設サービス計画書②.doc H19.1.doc
http://tokyufubai.seesaa.net/article/34629383.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急建設と共謀した佐藤工業前会長に実刑判決  HOME  建築士法第3条違反と第24条違反は別問題

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]