林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
東急不動産のワンルームマンション「新宿余丁町計画」(施工:東急建設)の建築確認が取り消された。近隣住民グループが違法性を指摘し、建築確認の取り消しを求めていた。建築審査会は住民側の主張をほぼ全面的に認め、2006年に財団法人日本建築センターが下した建築確認を取り消した。
東急不動産は、建築確認が下りているという「合法性」を盾に、問題物件建設による近隣住民の被害を軽視する強気の態度をとり続けていたため、市民グループ「余丁町計画近隣住民の会」の間でも、「東急不動産に騙された」という感情が広まっている。
工事が中止された建設現場では、途中まで進んでいた近隣建物との境界線工事も放置されている。南側や西側には東急が掘り込んでできた壮大な崖が作られたままである。簡易的な補強しかなされておらず、安全面で重大な問題に発展する可能性がある。また、強度が不十分にも係わらず、7トン車以上の建設車両を多く通してきた結果、道は凸凹になってしまったという。東急不動産は最初から最後まで近隣住民の感情を逆なで続けた。
引き際の悪質さは東急不動産の特徴である。消費者契約法第4条第2項違反(不利益事実不告知)で売買契約が取り消されたアルス東陽町301号室では、東京高裁で訴訟上の和解が成立したにもかかわらず、東急不動産は売買代金返還金の支払いを拒否した。東急不動産は「法務局が受け付けない」という虚偽の理由を作出して、所有権移転登記の登記原因を和解調書で定められた「訴訟上の和解」ではなく、単なる「和解」にしようとした。
http://tokyufubai.seesaa.net/article/60996557.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10051616597.html
東急不動産の実質敗訴で和解
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000005214
アトラス・渡辺代表 東急物件の構造設計
http://www.janjan.jp/living/0703/0703181916/1.php
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
二子玉川東地区再開発・差止訴訟被告側証人尋問(1)
林田力「二子玉川東地区再開発・差止訴訟被告側証人尋問(1)」JANJAN 2008年1月16日 http://www.news.janjan.jp/living/0801/0801158957/1.php 二子玉川東地区第一種市街地再開発事業の差し止めを求める訴訟(平成17年(ワ)第21428号)の第3回口頭弁論が東京地方..
URL 2008/02/11(Mon)11:01:18
評判の悪いブランズシティ守谷
東急不動産・東急電鉄らのブランズシティ守谷は評判が悪い。つくばエクスプレスTX熱も冷め気味、もうほぼ出来上がった戸建て住宅地の中央に30階の超高層は顰蹙物である。週末のモデルルームも、賑わっている感じがしない。建設されたら負の遺産で有名になるかもしれない。 価格が2900万円からと発表されたが、高過ぎるとの見解が多い。建設反対運動が起きている問題物件で、駅徒歩7分に変更されたにしては高い。一方で価格を安くしても果たして売れるのかな、という声もある。近隣には日照阻害や風害をもたらし、眺望の...
URL 2008/02/11(Mon)18:38:34
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
ブランズシティ守谷の駅徒歩5分は欺瞞  HOME  ブランズシティ守谷の耐震性に疑問

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]