林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
隣地建て替えなどの不利益事実を隠して新築マンション・アルス東陽町301号室をだまし売りした東急不動産は、マンションの値引きをだまし売りの言い訳とした。東急不動産(販売代理:東急リバブル)は不利益事実(隣地建て替えなど)を隠してアルス東陽町301号室をだまし売りし、消費者契約法違反(不利益事実不告知)で売買契約を取り消された。
東急不動産は愚かにも、だまし売りの言い訳として値引きを持ち出した(乙第13号証)。アルス東陽町301号室の販売に際し、東急リバブル営業(クオリア門前仲町マンションギャラリー)は期末までに契約を獲得するために新築マンションを値引きして販売した。値引きは期末までに契約を獲得するための営業政策的なもので、だまし売りとは関係ない。
そもそも「値引きをしたから問題物件のだまし売りが許される」「購入者は問題物件で我慢しろ」という発想が悪徳不動産業者的である。そのような詐欺師の論理が裁判では通用しないことは当然である。
東急不動産の言い訳に対して、原告側(東急不動産だまし売り被害者)は猛然と反論した。その手際は見事であった。悪徳不動産業者は自分達が何に殴られたのかも分かっていないだろう。東急不動産消費者契約法違反訴訟判決は東急不動産に売買代金の全額返還を命じた(東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)。
東急不動産が値引きを証拠として提出したために、東急不動産が期末前の契約で新築マンションを値引きする実態が公になった。東急不動産は自ら値引きするデベロッパーであると宣伝しているに等しい(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社、2009年、65頁)。
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1192
http://hayariki.seesaa.net/article/146082848.html
向ヶ丘遊園の跡地利用計画は大幅縮小=神奈川・川崎
http://www.pjnews.net/news/794/20100410_2
http://news.livedoor.com/article/detail/4710817/
Sauropol
http://hayariki.sauropol.com/
日影規制違反を理由に建築確認取り消し=愛知・名古屋
http://www.pjnews.net/news/794/20100410_7
http://news.livedoor.com/article/detail/4711628/
Webnode
http://hayariki.webnode.com/
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://www12.atpages.jp/~hayariki/haya/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産だまし売り被害者への愛  HOME  東急不動産の虚偽証拠提出

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]