林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
荒れ狂う感情に引き裂かれそうであった。呼吸は速く、浅くなった。このままでは肺が壊れてしまう。めまいに襲われつつ、布団に横になって気持ちを落ち着かせようとした。そのような夜でも星はいつもと変わらず輝いていた。
「そうやって人を見下していればいい。その高飛車な態度のまま葬ってやる」
翌朝目を覚ました原告は、今日は素晴らしい一日を送ろうと決意した。昨日は酷かったたが、八時間の睡眠は奇跡をもたらし、七時きっかりにラザロのように蘇った。東急不動産だまし売りマンションへの居住を余儀なくされ、社会の底を舐めるような毎日であっても、精神までは飲み込まれたくなかった。
ただ生きるだけの人間になってしまったならば、自分というものがなくなってしまう。自己の内に生きている誇りや自尊心にかけて、毅然とした人生を歩まなければならない。そして東急リバブル・東急不動産の不正を社会に向って訴えることが原告の使命であった。
http://hayariki.seesaa.net/article/202596942.html
Google プロフィール
https://profiles.google.com/hayariki30
クリップ
http://clip.livedoor.com/clips/hayachikara
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産答弁書の図々しさと空威張り  HOME  東急不動産だまし売り裁判原告の信念

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]