林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件を描いた『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』の著者・林田力(東急不動産消費者契約法違反訴訟原告)のファンクラブが開設された。開設時期は遅くとも2009年8月11日である。独自ドメインを取得し、本格的で洗練されたホームページになっています。東急不動産敗訴判決(東京地判平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)3周年に向けて喜ばしいニュースである。
ファンクラブのトップページでは『東急不動産だまし売り裁判』を紹介する。「普通の人が本気で怒ってしまうような、会社の対応ミスの連続が見られるので、不動産会社のお客様対応でも、よく購入され林田力さんに質問が来ているそうです」と説明する。『東急不動産だまし売り裁判』は性質上、欠陥住宅の被害者やマンション建設反対運動に支持される傾向にある。一方で誠実な業務を心掛ける不動産会社側にとっても大いに勉強になる内容である。
http://hayariki.org/
http://hayariki.seesaa.net/article/125573328.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10321252885.html
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20090817
【テレビ評】「天地人」第32回、「世継ぎの運命」
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/39917
【コミック】『ONE PIECE 第54巻』テンポの良い展開
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/39197
http://chirop.seesaa.net/article/125908772.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
世田谷区玉川、タウンミーティングの呆れた実態5
 二子玉川再開発の問題について十分な時間配分をしなかったことは、住民の関心に応えるという点では大失敗である。二子玉川再開発は民間施行では最大規模の事業であり、住民への影響も甚大である。様々な住民反対運動が続いており、複数の訴訟が係属中である。しかも二子玉川東第二地区市街地再開発準備組合による第2期事業の動きが出てきた上に、前述の区長答弁で区議会が紛糾したばかりである。それ故に再開発についての意見が集中することは予想できることである。  意見交換の前半で出た健康器具や防犯カメラの設置などは通常の陳情や窓口...
URL 2009/12/18(Fri)21:29:03
景観市民ネット市民集会で住民運動が交流2
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動  続いて第1部「各地からの活動報告」として、全国8カ所から報告がなされた。  第1に松戸市「関さんの森」道路問題である。「関さんの森」は、関家に伝わる広大な屋敷林であるが、敷地に都市計画道路3・3・7号線を通す計画がある。敷地を分断する直線道路の計画であったが、自然や歴史的建造物の破壊を最小限とするために「関さんの森」敷地内で迂回ルートをとることで決着した。 第2に広島県福山市の鞆の浦景観訴訟である。鞆の浦は江戸時代からの本瓦屋根の町並み...
URL 2009/12/19(Sat)12:55:14
二子玉川再開発差止訴訟・洪水被害の立証へ一歩4
第二に多摩川スーパー堤防との関係である。再開発地域を人工地盤でかさ上げすることに対し、住民側は周辺地域を犠牲にして洪水被害から自衛するためのものと批判した。これに対し、再開発組合側は多摩川スーパー堤防に人々が安心安全にアプローチするためのものと位置付ける。 しかし、スーパー堤防自体が税金の無駄遣いと古くから批判されているものである。二子玉川南地区の堤防整備も地元住民の反対が強く、国土交通省は当初計画より小規模化した暫定堤防整備に転換したが、それでも反対の声が上がっている。暫定堤防でも堤防...
URL 2009/12/19(Sat)20:44:30
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
イー・モバイルの評価は最下位  HOME  クライシスマネージャー養成講座が全課程終了 林田力

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]