林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』のファンページがYahoo! Japanのキーワード「林田力」検索結果で1位となった(2009年8月19日)。Googleの検索結果でも1ページ目に表示される。ファンページでは市民メディア記事「不動産トラブルと消費者契約法」「東急コミュニティーがマンション管理人を営業活動に“流用”」「二子玉川住民が再開発を意見交換」などのリンクもある。
http://hayariki.org/
http://hayariki.seesaa.net/article/126056375.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10325945302.html
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1015
東急不動産と耐震強度偽装事件
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/gisou.htm
東急不動産東急リバブル黒歴史2005年
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/uls3.htm
http://rain.prohosting.com/rain7/uls6.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
中立性を放棄した弁護士を懲戒
遺言執行者の弁護士が中立性を放棄して懲戒された事例がある。遺言執行終了後に相続人の一部が遺言無効の訴訟を起こした。弁護士は被告の相...
URL 2010/01/08(Fri)12:20:28
FW:アヴァンセ金崎浩之弁護士ら国税庁作成文書と詐称について
記事「アヴァンセ金崎浩之弁護士ら国税庁作成文書と詐称」は弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループの金崎浩之、佐久間明彦、吉成安友、前田瑞穂(当時)が土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)の被告代理人として、被告個人が作成した文書(乙第14号証)を国
URL 2010/01/13(Wed)12:31:33
金崎浩之ら単元未満株を端株と虚偽主張について
記事「金崎浩之ら単元未満株を端株と虚偽主張」は弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループの金崎浩之、佐久間明彦、吉成安友、前田瑞穂(当時)が土地共有持分確認等請求事件の被告代理人として、被相続人の遺産である単元未満株を端株と虚偽主張(被告準備書面(1)7頁)したという事実に基づく内容である。 この裁判では原告側が原告第1準備書面で釈明を要求した後に、被告自らが端株を単元未満株に訂正した(被告準備書面(2)2頁)。従って、虚偽であることは弁護士法人アヴァンセ自身が否定できないことである。 実...
URL 2010/01/14(Thu)12:13:27
弁護士法人アヴァンセ被害者の会と連絡
弁護士法人アヴァンセ被害者の会と連絡 弁護士法人アヴァンセと連絡を取り、連帯を快諾された。 弁護士法人アヴァンセの提示した委任状や準備書面、証拠、証拠説明書などの写しや電子化画像の面で協力を得られることになった。深く感謝する。 http://d.hatena.ne.jp/branz/20100113/1263336523 http://avancelg.iza.ne.jp/blog/entry/1411121/ http://hayariki2.seesaa.net/articl...
URL 2010/01/15(Fri)12:24:50
ヤンキー弁護士・金崎浩之は自己中心的 追記あり
ヤンキー弁護士こと金崎浩之(弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループ代表)の著書に対し、「自己中心的にしか思えません」との書評が寄せられた。珍走団(暴走族)であった過去を否定し、更正するのではなく、美化する傾向が感じられるためである。珍走団(暴走族)として..
URL 2010/01/22(Fri)12:43:13
弁護士法人アヴァンセのブログ削除要求でマズ~な事が分かっちゃった件
弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループからのメール件名には「ブログ削除について」とあり、特定のブログ記事を問題としながら、ブログ全体の削除を要求しており、威嚇的・抑圧的な批判的言論の封殺と解釈せざるを得ません。 記事「弁護士法人アヴァンセの虚偽工作」「吉成安友はヘラヘラと哄笑」「金崎浩之ら単元未満株を端株と虚偽主張」「弁護士法人アヴァンセ被害者の会結成」は以下に詳述するとおり、全て事実に基づくものであり、かつ、それらの事実は公共に利害に関するものです。 単に都合の悪い批判的言論を威嚇・...
URL 2010/01/26(Tue)12:00:25
東急不動産サイト閲覧でウイルス感染の恐れ
東急不動産の物件情報提供サイトが2010年1月20日13時13分に改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性が生じた(「東急不動産の関連サイトが改ざん - 複数の物件紹介ページが被害」Security NEXT 2010/01/22)。対象ページの閲覧者は「Gumblar」亜種に感染した可能性がある。 改ざんが発生したのは、「東急不動産の住まい」や「東急不動産の住まい・関西エリア」など複数のサイトである。「ブランズ川口栄町パークフロント」をはじめ、「Osaka福島タワー」「ブランズ西大津レ...
URL 2010/01/29(Fri)11:48:56
弁護士アヴァンセ削除請求反論
記事の記載内容は事実に基づいたものである。弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループの削除要求は、単に自らに都合の悪い言論を抹殺しようとする意図のものに過ぎない。 基本的に記事は土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)における被告代理人・金崎浩之・吉成安友...
URL 2010/02/08(Mon)12:45:19
FW:追い出し屋を支援する悪徳弁護士
追い出し屋が社会問題になっている。暴力や脅しで賃借人を追い出す貧困ビジネスである。ゼロゼロ物件業者や家賃保証会社の手口だが、嘆かわしいことに弁護士も追い出し屋ビジネスに参入している。既に鍵を賃借人に無断で交換したことに関して、懲戒処分を受けた東京の弁護士がいる。 http://blogs.yahoo.co.jp/mccmccmcc1/8669498.html
URL 2010/02/10(Wed)11:48:55
トヨタ自動車リコール問題へのアメリカ社会の怒り
 トヨタ自動車の大規模リコールが相次いでいる。アクセルペダルなどの不具合そのものの重大性に加えて、問題認識後の対応が遅過ぎて後手に回っている点が批判を拡大させている。この点で雪印食中毒事件や三菱自動車のリコール隠しなど既存の企業不祥事と類似する。トヨタも日本企業の悪い面から免れていないことを示した。  日本企業が不祥事を隠蔽したがる背景には、消費者の権利意識が弱く、隠蔽で済んでしまうケースも少なくないためである。しかし、成熟したアメリカ社会では事情が異なる。トヨタへの風当たりは厳しく、信...
URL 2010/02/12(Fri)12:59:08
遺産隠し関連で弁護士懲戒処分について
記事「遺産隠し関連で弁護士懲戒処分」は前段で遺産隠しを知りながら遺産分割案を作成したなどにより弁護士が懲戒処分を受けたとのニュースに基づく内容である。後段に記載した東京地裁に係属中の裁判(平成20年(ワ)第23964号 土地共有持分確認等請求事件)で、原告側が被告代理人の金...
URL 2010/02/16(Tue)12:35:54
トヨタ・バッシングは普天間問題の報復か
トヨタ・バッシングは普天間問題の報復か  急加速やブレーキが利かなくなるなどトヨタ車の欠陥に起因するアメリカ社会のトヨタ・バッシング...
URL 2010/02/17(Wed)12:27:12
トヨタ自動車・豊田章男社長会見に改めて失望
 トヨタ自動車の豊田章男社長は2010年2月17日、大量リコール問題について東京本社(東京都文京区)で記者会見した。しかし具体的内容に乏しく、最初の会見と同様に不安解消には程遠いものであった。
URL 2010/02/18(Thu)12:32:44
トヨタ自動車はハイラックスでも欠陥放置
 大量リコールの対応で欠陥隠しを批判されているトヨタ自動車であるが、過去にも同種の問題が起きていた。 http://www.janjannews.jp/archives/2707535.html  トヨタ自動車が1988年から96年までに製造したハイラックスにはリレーロッドの強度が不足していた。リレーロッドはハンドルの動きを前輪に伝える装置で、リレーロッドが折れると、ハンドル操作に不具合が生じる。
URL 2010/02/22(Mon)12:08:44
トヨタ自動車はリコール抑制で1億ドル節約と自賛
 トヨタ自動車は米当局との交渉でリコール費用を1億ドル節約したと自賛する文書を作成していた。トヨタが顧客の安全よりも利益を優先して...
URL 2010/02/23(Tue)12:07:57
「トヨタ自動車は恥を知れ」被害女性が公聴会で証言
 米国下院エネルギー・商業委員会は2010年2月23日、トヨタ自動車の大量リコール問題についての公聴会を開催した。意図しない急加速の被害体験を語ったロンダ・スミス氏の証言がトヨタ問題の本質を突いていた。
URL 2010/02/25(Thu)11:54:57
トヨタ自動車・豊田章男社長の公聴会証言への不満
 トヨタ自動車の豊田章男社長は2010年2月24日、米国下院監督・政府改革委員会の公聴会に出席し、大量リコール問題について証言した...
URL 2010/02/26(Fri)12:08:52
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産だまし売り裁判陳述書  HOME  日本安全保障・危機管理学会が法的紛争予防策を講義

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]