林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
原告には東急リバブル東急不動産に侮られたままで終わるものかと、たぎりたつ思いがあった。原告も尊厳ある市民である。金持ちだから、大企業だからと媚びへつらうことはない。生まれながらの権利においては全く劣らない人間であるという自覚と自信で一歩も引くべきではないとの信念がある。
屈服しない力は意思から生まれる。正々堂々と真正面から東急不動産に挑み、勝利することが求められた。原告が完全に事実に根ざしており、東急不動産が嘘をついているのだから、戦わないわけにはいかなかった。自らの手で権利と自由をつかみとらんとする原告は、語るべき理想も誇るべき心情も持ち得ない東急リバブル東急不動産を向こうに回して、断じて負ける訳にはいかなかった。己の生き方に重きをおく原告にとって、裁判闘争は譲れない選択であった。
「やってみせる。この勝負に全てをかけてもいい。そしてここを勝ち抜く」
多くを失い、打ちひしがれている心の奥になお秘められている力こそ、信じる価値のあるものであった。後戻りするつもりはない。今の原告に恐れるものは何もなかった。自分が正義の側に立っていると意識すると、気が楽になった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産だまし売り被害者の蘇生  HOME  二子玉川ライズ タワー&レジデンスってどうですか?Part 30

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]