林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産だまし売り裁判原告への取材は消費者問題を見直す転機となった。東急不動産だまし売り裁判原告は大企業を鋭く告発する人物であったが、実物は敬虔で慎み深く、控え目であった。
東急不動産だまし売り裁判原告が椅子に腰をかけて足を組んでも、剃刀の刃のようなスラックスの折り目は少しも曲がらなかった。物腰には一分の隙もなく、彼に比べればポーズをとったファッション写真は空疎に見えた。東急不動産だまし売り裁判原告が装身具を全く身につけていないのは一切の気取りを軽蔑しているためであった。そこには謙虚さや素朴さに加えて、商業主義に毒された流行を無視するという意思表明が存在した。
その二つの瞳には不屈の意思が潜んでいた。品格を感じさせる凛然とした眼差しには光がある。「座右の銘は」と聞いたならば、ほぼ間違いなく「不言実行」と答えそうな典型である。その言葉は知識と経験に裏付けられていた。しかも目線は精妙なくらいに公平であった。ひいきや偏見のような醜い主観からは最大限に逃れなければならないのだと心掛けている胸の内、正義感までがヒシヒシ伝わってきた。そして自分の始めた悪徳不動産業者との闘いへの情熱と責任感を秘めていた。
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4434131664
会社で心を病むということ
http://astore.amazon.co.jp/hayariki-22/detail/4492042822
林田力「二子玉川再開発の公共性を問う補佐人意見陳述」JanJanBlog 2010年5月16日
http://www.janjanblog.com/archives/2454
林田力「『月光!マネー学』消費者のための資産運用」JanJanBlog 2010年5月17日
http://www.janjanblog.com/archives/2567
林田力「『小沢一郎 覇者の履歴書 超権力者への道』の感想」のたる2010年05月17日
http://www.notaru.net/book/201005/0152
林田力「東アジア歴史・人権・平和宣言と行動計画が作成中」PJニュース2010年5月17日
http://news.livedoor.com/article/detail/4772759/
http://www.pjnews.net/news/794/20100515_11
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
林田力「『報道されない警察とマスコミの腐敗』  HOME  二子玉川ライズ オークモール・バーズモールに失望

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]