林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件が東京地裁に提訴されてから2010年2月で5周年を迎えた。東急不動産消費者契約法違反訴訟は消費者を強い絆で結ぶ事件である。消費者運動を強く結合させた。
東急不動産消費者契約法違反訴訟は2005年2月に提訴され、2006年8月30日に東京地裁で東急不動産敗訴判決が出された。しかし、東急不動産消費者契約法違反訴訟は既に終わった歴史ではない。現在でも大きな影響を持っている。それ故に『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(林田力著、ロゴス社刊)は重要な役割を担っている。
東急不動産だまし売り裁判原告は親しい人を集めて提訴5周年を記念した宴席を設けた。親しい人間ばかりというのは悪いものではない。皆が新築マンションだまし売りの事情を承知していたために上辺の言葉にとどまらない祝福で、原告を包み込んだ。原告の人生という脚本は、この一幕に収斂するために幾百の頁を積み重ねてきたと断言できるくらいに決定的な場面であった。
http://hayariki.seesaa.net/article/148567948.html
林田力「多摩川暫定堤防は連休中も工事強行=東京・世田谷(上)」PJニュース2010年5月6日
http://news.livedoor.com/article/detail/4753664/
http://www.pjnews.net/news/794/20100506_1
林田力「影山明仁『名作マンガの間取り』間取りからキャラや時代を想像」JanJanBlog 2010年5月6日
http://www.janjanblog.com/archives/1588
林田力「『告発のときIn The Valley of Elah』人間性を破壊するイラク戦争」JanJanBlog 2010年5月7日
http://www.janjanblog.com/archives/1633

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
二子玉川ライズ オフィスの悪趣味  HOME  『東急不動産だまし売り裁判』の完成図

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]