林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産消費者契約法違反訴訟(東京地裁平成18年8月30日判決、平成17年(ワ)3018号)についてのMyNewsJapan記事が反響を呼んでいる(佐藤裕一「東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口」MyNewsJapan 2009年9月3日)。コメント欄には東急不動産(販売代理:東急リバブル)を非難するコメントが寄せられた。
「消費者重視の時代にこれはひどい話ですね。」
「騙し売りの東急という新しいブランドが確立されましたね。」
「消費者庁にはこういった深刻な問題に対して意欲的に取り組んでもらいたいですね。」
「こういう情報がどんどん明らかになって、騙し売りをするような会社に消費者が足を向けなくなるようになることを祈ります。」
また、東急の被害事例も報告された。1戸建注文住宅の施主は仕上がりの酷さに驚いたという。床はコンパネ一枚分盛り上がっていた。玄関の突き出た屋根の部分は地面と平行ではなく傾いていた。外壁では割れた箇所が30カ所くらいあった。あまりにも雑なために、知り合いの1級建築士に頼んで確認してもらったところ、手直しする箇所が300カ所以上あったと語る。
また、東急リバブルの仲介で中古住宅を購入した消費者の被害も寄せられた。基礎部に大規模かつ広範囲の腐食が見つかったという。東急リバブルは名ばかりの工事で済ましたが、専門家調査で工法不良が判明したとする。東急リバブルは「言った」「言わない」の水掛け論で責任逃れを図ると批判する。
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10338782696.html
http://hayariki.seesaa.net/article/127676985.html
中島賢悟弁護士FAX共有の問題点
http://hayariki2.seesaa.net/article/127415885.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10337438386.html
【書評】『千一夜の館の殺人』ありそうでない弁護士探偵
http://netnews.222.co.jp/netnews.php/articles/detail/SN/40510
【映画】原作の雰囲気に忠実『20世紀少年 第一部』
http://netnews.222.co.jp/netnews/netnews.php/articles/detail/SN/24706
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
FW:弁護士法人アヴァンセ準備書面は訂正だらけ
?弁護士法人アヴァンセリーガルグループの金崎浩之、長谷川桃、吉成安友、佐久間明彦、前田瑞穂(当時)が土地共有持分確認等請求事件(平成20年(ワ)第23964号)の被告代理人として提出した被告準備書面は誤りだらけであった。被告準備書面(2)は先に提出した被告準備書面
URL 2010/01/24(Sun)12:00:45
弁護士法人アヴァンセ提示委任状のデタラメ
弁護士法人アヴァンセ・リーガルグループの金崎浩之(「崎」は正確には俗字「立の崎」)、中島賢悟、森山弘茂、吉成安友は相続人でもない人間から相続交渉を委任した旨の委任状(2008年3月18日付)を提示した。 相手方からの複数回の指摘を受け、半月後に委任内容を「○○に..
URL 2010/01/24(Sun)15:52:37
松木隆佳が知らないだけ
第7回弁論準備手続で松木隆佳は原告主張5000万円の根拠を尋ねたが、とんだ道化芝居である。被告の指摘に基づいた事実であることは既に指摘済みである。単に後から被告代理人になった松木隆佳が知らないだけである。自己の無知を恥じるべきである。松木隆佳は原告を高圧..
URL 2010/01/24(Sun)18:24:15
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産の嫌がらせを紹介  HOME  だまし売り 地上げ屋癒着 悪東急

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]