林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産物件の構造設計者が無資格という問題は、東急不動産敗訴判決後に判明した事実であり、東急不動産だまし売り裁判とは関係しません。関係者にとっては不名誉な内容であり、本記事で申し上げる内容ではないと考えておりますが、誹謗中傷が繰り返されているために言及します。
最初の誹謗中傷は構造設計者が無資格であったという弱みに付け込んで有利な訴訟上の和解をしたのではないかというものでしたが、今では「構造設計者は無資格者ではない」に中傷内容が変遷しています。これは誹謗中傷が目的化していることを示しています。別のコメントの「佐武信さんも結構ウソつきますね。何も知らずに書いているだろ。要は中傷目的だから、自分で調べもせずに、人をうそ呼ばわりするわけだ。」に同意します。
渡辺氏が一級建築士資格を持たない無資格者であることは「きっこの日記」に掲載されました。情報元のイーホームズ・藤田東吾氏にもアトラス設計にも確認済みです。藤田東氏は渡辺氏が東急不動産の講演に出向いているとも指摘しています。
「あの人はいろんな講演会、東急不動産の講演に出向いていろんな処で自分の名まえを、構造設計士の名まえを出してますよね、構造設計で。だから今、たぶん住民からそうとう反発をくらってるんじゃないですか」(江口征男「作られた耐震偽装(1)公平な法適用を~藤田東吾氏語る」JANJAN 2006年11月15日)。
また、アトラス設計が設計・監理となっているマンション「ロータリーパレス取手」について、取手市議会で安全性が問題視されました。そこでは同じアトラス設計が構造設計した東急不動産物件を引き合いに出し、「早めに調査をし、安全を確認してください」と要請しています(平成17年第4回取手市議会定例会会議録(第3号))。
不動産トラブルと消費者契約法
http://www.news.janjan.jp/living/0701/0701218525/1.php
新築マンション値引き事例
http://www.news.janjan.jp/area/0703/0703252410/1.php
マンション販売トラブルで「お詫び」 東急リバブル・東急不動産
http://www.news.janjan.jp/living/0710/0710023335/1.php
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
東急不動産の屑物件だまし売り開き直り
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 「隣地所有者が井田に話したことは聞いていました。しかし確定的な事実ではないので、ご説明しませんでした」「隣地所有者はアルスの建設後すぐに建てると言いました。建物も三階建てと説明しています。その事実を否定するのですか」「細かい点の違いはありますが、事実関係は大体一致しています」大島の声にはからかうようなニュアンスが含まれていた。最も嫌いなタイプの声である。相手が自分より不利な立場にいる時にだけ使う声である。原告は体内を循環する血液の温度が上...
URL 2010/10/01(Fri)21:44:59
東急不動産営業の醜怪
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 食用蛙のように醜怪で、食用蛙よりはるかに邪悪な顔が首の上に乗っている。食用蛙と野間の間に差があるとすれば、野間は煮ても焼いても食えないということであろう。むしろ人間と蛙の双方を侮辱し冒涜する存在である。普通の人間ならば腹の中では「あの野郎!」と思っても、本人を前にすると、「元気ですか」と、もっともらしい言葉で取り繕うものである。特に日本では、場の雰囲気、立場を弁えることが品位、礼儀とされている。日常の会話をきっかけに、自分の可能性を大きく...
URL 2010/10/02(Sat)14:33:46
街づくり条例改正案が可決=東京・世田谷
【PJニュース 2010年10月2日】平成22年第3回定例会開会中の世田谷区議会では9月28日、議案第86号「世田谷区街づくり条例の一部を改正する条例」を賛成多数で可決した。賛成会派は自民党や公明党などである。改正案に対しては民主党を中心に修正案が提出され、民主党の上杉裕之議員が趣旨説明を行ったものの、賛成少数で否決された。
URL 2010/10/03(Sun)22:48:29
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急電鉄・あざみ野三規庭の失敗  HOME  東急不動産だまし売り裁判と消費者契約法

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]