林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
続いて「東急不動産の不誠実な応訴態度」です。東急不動産は裁判でも不誠実でした。
東急不動産代理人(3人のうちの1人)の個人的な都合で原告本人尋問の延期を要求しました(53頁)。延期させてしたことは新たな証拠収集でした(65頁)。母親の危篤という理由でしたが、それ自体疑わしいと思っています。
原告本人尋問では東急不動産代理人が反対尋問に名を借りた原告のプライバシーの暴露攻撃をしました(61頁)。東急リバブルや東急コミュニティーが保持する個人情報である年収、管理組合役員就任、家族構成を暴露しました。
また、東急不動産は和解協議に応じておきながら一方的に破棄することによる時間稼ぎもしました(82頁)。
さらに期日の一週間前に送付すべき準備書面等を当日の朝に送付することもしました(85頁)。これは『東急不動産だまし売り裁判』では最後の方に書かれていますが、一週間前に送付したのは最初の時だけです。一週間前に出して、次の弁論準備手続で証拠の改ざんなどが指摘されたために、ギリギリに出すという姑息な手を使ったものと考えています。
東急不動産には裁判手続を軽んじているような振る舞いもありました。準備書面の誤字脱字(85頁)や証拠説明書の説明誤り(30頁)、証拠の原本を提出しない(29頁)、証拠に枝番を振らない(32頁)などです。
極め付けは訴訟上の和解履行時に和解調書を無視した条件を要求し、断られると3000万円の支払いを拒否したことです(94頁)。
http://hayariki.seesaa.net/article/141973468.html
トヨタ・バッシングは普天間問題の報復か
http://www.janjannews.jp/archives/2635635.html
トヨタ自動車の大量リコールとコスト削減
http://www.janjannews.jp/archives/2601273.html
トヨタ自動車・豊田章男社長会見に改めて失望
http://www.janjannews.jp/archives/2664010.html

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『東急不動産だまし売り裁判』リアリズム文学
JUGEMテーマ:東急リバブル東急不動産不買運動 林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社、2009年)は、マンションだまし売り被害者が東急不動産を相手に壮絶な闘いを繰り広げる法廷闘争を描いたノンフィクションである。主人公は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から不利益事実(隣地建て替えなど)を隠して新築分譲マンションをだまし売りされた。登場人物が様々な絵模様を織り上げる『東急不動産だまし売り裁判』は、現代に騎士道小説を蘇らせたと言っても過言ではない。『東急不動産だま...
URL 2010/10/17(Sun)20:54:03
若年層右傾化の背景と限界(中)
【PJニュース 2010年10月16日】この論文は戦前の軍国主義への反省をベースとする言論界には大きな衝撃を与え、強い批判もなされた。しかし、非正規労働者の置かれた悲惨な状況への認識の欠けた批判は、たとえ建前論としては正しくても赤木氏には単なる綺麗事にしか映らない。そして非正規労働者の置かれた状況が改善されていない現在でも本論文は依然として力を持っている。
URL 2010/10/18(Mon)22:02:14
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急リバブル・東急不動産の不動産購入トラブル1  HOME  東急不動産の虚偽証拠

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]