林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産代理人・井口寛二弁護士が反対尋問で唯一成功した悪事は、訴訟と無関係な原告のプライバシー(年収、管理組合役員就任、家族構成)の暴露である。これは反対尋問に名を借りた陰湿な嫌がらせである。証人尋問が公開法廷で行われることを悪用した卑劣な攻撃である。井口弁護士の尋問からは東急不動産及びグループ企業には顧客の個人情報を尊重する姿勢が皆無であると断定できる。
東急不動産は原告の個人情報を暴露するなど嫌がらせを執拗に繰り返した。それでも原告の表情はといえば明らかに屈辱に打ち震える風ではなかった。このような真似しかできない下らない奴らだと東急不動産と代理人・井口寛二弁護士を軽蔑できたからである。それで十二分に埋め合わせられるだけ、もう心に余裕を獲得できているためである。
http://hayariki.seesaa.net/article/121941940.html
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10286465606.html
『言語教育研究 第2号』を読む (林田力)
http://www.book.janjan.jp/0906/0906145066/1.php
!! OhmyFuse !! - 『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』出版
http://ohmyfuse.com/article.php/20090621172311392
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』を刊行
http://www12.atpages.jp/~hayariki/ha/damashiuri.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
二子玉川ライズは住民軽視
二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)の第3の問題は地権者や住民に十分な説明もなく、東急グループ中心に進められていることである。たとえばI-b街区の商業棟は元々8階建てと説明されていた。それがいつの間にか16階建てとなり、階数が倍増してしまった。このような不誠実な説明が横行している状況に住民の不信感は高まっている。 この不誠実さは東急の体質的なものである。筆者は東急不動産(販売代理:東急リバブル)から東京都江東区の新築マンションを購入したが、不利益事実(隣地建て替えなど)を隠してだまし売りしたものであり...
URL 2009/10/18(Sun)16:33:06
「ブラタモリ」と再開発で失われるニコタマの魅力1
 NHK総合のテレビ番組「ブラタモリ」は2009年10月15日に二子玉川を特集した。  二子玉川は東京都世田谷区にある東急田園都市線・大井町線二子玉川駅周辺の地域で、ニコタマの愛称で知られている。この放送では二子玉川東地区再開発(二子玉川ライズ)で失われるニコタマの魅力を再確認した。  「ブラタモリ」はタモリと久保田祐佳アナウンサーが東京都内の町を散策しながら、過去の風景に思いを馳せる番組である。名物料理を食べるだけの紀行番組とは一味も二味も違う薀蓄の豊富なカルチャー番組になっている。これまでは原宿、...
URL 2009/10/18(Sun)23:47:14
弁護士のレベルってこんなもの?3
これに対する5月2日付の弁護士の再反論が粗末であった。第3の遺留分算定に寄与分は影響しないという点について、「簡明な説明のために厳密な表現を用いなかった」と釈明する。寄与分が認められるならば、寄与分に対しては遺留分減殺請求できないと主張したいようである。しかし、これでは先の主張(遺留分は相続財産から寄与分を控除して算定する)とは全く別の意味になる。 そもそも寄与分という法律上の言葉を使う以上、正しい意味で使用すべきである。分かりやすく説明したのではなく、法律を曲げて都合のいい主張をしたと...
URL 2009/10/19(Mon)07:37:51
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』出版案内  HOME  東急リバブル東急不動産に騙されるなPart4

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]