林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

協議は話し合いでの解決を求める原告の努力も空しく、悪徳不動産営業は責任逃れの言動に終始し、ただただ感情的な怒声で応酬した。質問したいことは山ほどあったが、まともな回答は何一つなかった。どうか聞き間違いであってくれと切実に願う原告を前に、東急不動産は一片の慈悲をも残さず、死神の鎌を振り下ろした。
東急リバブル・東急不動産従業員は誰一人として悪いことをしたと後悔する様子がなかった。野間や大島の嘲笑的、侮蔑的な発言や態度には腹が立つことこの上なかった。サタンと契約した下僕のみが口にする嘲笑と罵倒であった。原告の耳は東急不動産従業員の嘲笑で満たされ、原告の意識は東急不動産への憎悪で満たされた。踏みにじられ、熱にうなされて腐食した哀れな心。悲しみの耐え難い重みに心は沈み、東急リバブル・東急不動産の不誠実な対応により受けた痛みが心の中で血を吹いていた。
最後は東急不動産によって一方的に切り上げられた。それまでほとんど発言のなかった林の開き直りと受け取れる発言が決定的であった。悪徳不動産営業達は薄ら笑いをたたえ、原告をエレベータまで送り出した。下級悪魔めいた笑顔であった。彼らの歩き振りは意気揚々としていた。当然だろう。だまし売りを繰り返す悪徳不動産営業であっても、だまし売り被害者に面と向かって侮辱できる機会は毎日あることではないのだから。
http://hayariki.net/tokyu/ohimachi.html
東急不動産で買ってはいけない 被害者が語る「騙し売り」の手口
http://www.mynewsjapan.com/reports/1101
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
全部造り変え渋谷駅開発に見る東急電鉄の貧困  HOME  東急不動産に東日本大震災便乗批判

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]