林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
一二月六日、大島から電話がある。「今、お話しても宜しいですか」というような気遣いは微塵もない無礼者である。
大島「東急リバブル及び東急不動産の担当者で会って話がしたい。詳細は明日、改めて文書で発送します」
最初に問い合わせをした八月から四ヵ月後、一年の三分の一を経て漸く事業主は直接交渉に応じた。東急不動産が回答放置から態度を急変して話し合いを申し出た背景には、東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課の指導がある。
以前に原告は東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課に東急不動産の不誠実な対応を訴え、都市整備局より、東急不動産に対して話し合いするように指導された。行政指導が入らなければ話し合いにすら応じないのが実情である。
原告「ところで契約書では瑕疵担保責任を二年間に限定しているが、二年経過したら主張できなくなるのですか?」
大島「瑕疵ではないので、二年過ぎても問題ありません」
大島は「問題ない」と回答したが、「不動産営業は口頭では嘘八百を並べるので、信用してはならない」とは原告を取材したジャーナリストの言葉である。
林田力「新築マンションがホーンテッドマンションに」リアルライブ2010年9月22日
http://npn.co.jp/article/detail/54637640/
林田力「住民の個人情報収集と悪口がマンション業者の仕事」リアルライブ2010年9月24日
http://npn.co.jp/article/detail/39534664/
林田力「ターザン後藤選手の飲み会イベントに潜入」リアルライブ2010年9月25日
http://npn.co.jp/article/detail/55916919/

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急リバブル渋谷センターの非礼  HOME  東急不動産だまし売り指摘メール

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]