林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産・東急電鉄らのブランズシティ守谷(ハッピー守谷)建設は守谷市の景観・住環境に対する侵略行為である。東急側も自らを侵略者を気取っている。インターネット掲示板では東急の近隣対策業者でないかと指摘された人物から、ブランズシティ守谷の建築紛争について「フィリップ王戦争のような状況は望まない」と指摘した。
フィリップ王戦争は1675年、白人のアメリカ入植当時に白人入植者とネイティブアメリカン(インディアン)諸部族との間で起きた戦争である。この戦争では白人入植者が勝利し、ネイティブアメリカンの酋長の遺体は白人達により八つ裂きにされ、首は槍の先に突き刺されて、入植地に晒された。捕虜となったネイティブアメリカンは奴隷として売り飛ばされた。
守谷市民をネイティブアメリカン(インディアン)、ブランズシティ守谷を白人入植者になぞらえ、住民が反対運動で抵抗した場合、ネイティブアメリカンのようになると脅したいのだろうか。近隣対策屋は様々な手段で有形無形の脅迫を行っている。東急不動産消費者契約法違反訴訟のトラブルで東急不動産の近隣対策屋であった井田真介(アソシアコーポレーション取締役)は騙し売り被害者の勤務先に押しかけ圧力をかけた。
http://m.ohmynews.co.jp/news/20071219/18730
http://ameblo.jp/tokyufubai/entry-10061410865.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
警察による違法捜査について Part2
日本の捜査権力が権限を濫用する領域としては、任意同行の問題がある。「『任意』とは、もともと当事者の意思に任せるということであるが、実際問題としては、当事者は、心理的不安定の下に晒され、意に反して同行を強制され、被疑事実・証拠を採取されている事実があるのでは..
URL 2008/04/19(Sat)20:11:10
強風で東急東横線に遅れ
☆政治経済法律電網討論 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産 http://tokyufubai.seesaa.net/ 東急不動産東急リバブル不買宣言 http://ameblo.jp/tokyufubai/ 東急不動産・東急リバブル不買運動 http://www.geocities.jp/shouhishahogo/ ☆★★★★★★★★★
URL 2008/04/20(Sun)18:12:36
東急不動産消費者契約法違反訴訟では取引なし
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件において薄汚い裏取引は存在しない。取引は一切なし、正義が行われることを妨げるも...
URL 2008/04/20(Sun)18:38:48
二子玉川ライズに酷評
東急電鉄・東急不動産の二子玉川ライズ タワー&レジデンス(RISE TOWER & RESIDENCE)が酷評されている。元々、高層マンションを建設する二子玉川東地区再開発に対し、住民を中心とする反対運動が広がっており、裁判も提起された。判決が出ていない段階での宣伝活動開始により、一層の反発が予想される。東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件で見られたように東急不動産は被害者感情を逆撫ですることだけは上手である。 タワーマンション計画には失望感が広がっている。二子玉川が...
URL 2008/04/20(Sun)21:59:07
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急百貨店東横店で女児が刺される  HOME  マンション建設反対運動は開発許可で

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]