林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急不動産消費者契約法違反訴訟におけるマンション購入者勝訴の一因として、東急不動産(販売代理:東急リバブル)の悪性格の立証が挙げられる。本訴訟において東京地裁平成18年8月30日判決(平成17年(ワ)第3018号)は東急不動産が不利益事実(隣地建替え、作業所の騒音)を隠してアルス東陽町301号室を販売したとして、売買代金全額2870万円の返還を東急不動産は命じた。
原告は東急不動産消費者契約法違反訴訟において直接の争点(不利益事実不告知)と直接関連しない点についても詳細に調査し、東急リバブル東急不動産の不誠実さを主張・立証した。東急リバブル東急不動産が信頼性に欠ける悪徳不動産業者であると裁判所に認識してもらうことが目的である。原告の主張立証内容の一部は以下である。
・東急リバブルはアルス東陽町の別の住戸を仲介するに際し、虚偽広告を出した。
・アルス東陽町では竣工図通りに竣工されていない。
・東急不動産は原告住戸に対するアフターサービスを拒否した。
・アルス東陽町の構造設計者は耐震強度偽装事件で名前の出たアトラス設計・渡辺朋幸である。
悪性格の立証は大京訴訟においてもマンション購入者が採用した。本件は江東区木場にある分譲マンションの住民が、分譲会社の大京に慰謝料を請求した訴訟である。住民側は、竣工図通りには施工されなかった個所を、訴訟と無関係のところも含めて数多く列挙した。
東京地裁判決は竣工図通りに施工されていなかった個所が20カ所以上もあったと認定した。例えば1階ロビーの冷暖房機である。引き渡し後の補修工事で大京に付けさせた。管理組合理事長は「すべての瑕疵についていえることだが、後で直せば帳消しになるわけではない。不良品を買ってしまったとわかったときの消費者の失望感を、住宅のつくり手や売り手はもっと重視してほしいと思う」と語る。
http://www.geocities.jp/shouhishahogo/uls4.htm
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
林田力最後の制服姿!
桜咲く季節が訪れる前には、別れが待っている。林田力もついに堀越学園を卒業することとなった。答辞では「若い翼がクヨクヨしてたら大空をはばたけましぇ~~~ん。」と涙交じりに言った。やはり数々のドラマ
URL 2007/06/16(Sat)13:26:25
トステムのスーパーウォール工法で欠陥住宅裁判
トステムのスーパーウォール工法で欠陥住宅裁判が起きている。建築主は住宅建築に当たり、トステムのスーパーウォール工法の採用を決めた。そのため、トステムがその販売施工を許可した認定工務店「株式会社川上住建」(大分県中津市
URL 2007/06/17(Sun)17:50:59
22歳で過労死、トステム綾部を提訴
京都府綾部市の木製品製造会社「トステム綾部」で2001年、当時22歳の男性従業員が長時間労働により過労死させられたとして、福知山市に住む男性の両親が同社に損害賠償を求める訴えを2007年6月12日にも京都地裁福知山支部に起こす。訴訟を支援する京都労災職業病対策
URL 2007/06/17(Sun)18:15:42
虫の入るトステムの欠陥網戸批判
トステムの網戸は虫が入る欠陥品と批判される。平成13年12月に新築した家の網戸である。横引き網戸の上下のジャバラの隙間から虫が入ってくる。1匹2匹ならまだしも、電気の周りに集まる集まる。街灯のようであるという。 施主は販売店に問い合わせしたが、販売店は「
URL 2007/06/17(Sun)18:50:21
東急百貨店まちだ閉店セールに失望
東急百貨店まちだ閉店セールに失望の声が出ている。「時間とお金を無駄に使ったような気がする。交通費と、ランチに食べた寿司(すし)代……」と無意味さを指摘する。「ランチの寿司定食も、安いけれど、値段相応に、お粗末なものだった」と酷評する(小牧みどり「「閉店売...
URL 2007/06/17(Sun)18:58:44
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急不動産のマンションで構造上の疑問  HOME  東急不動産、アルス東陽町301号室明け渡し強制執行か

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]