林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』(ロゴス社、2009年)は三回読むことを推奨する。一回目は本書をゆっくりと楽しむ貴重な時間である。本書は時間をかけて読むことを想定した書籍である。内容が豊富なため、ゆっくりと読むことにより、一行一行の意味を考えて理解する必要がある。筋の展開に気を奪われて時間をかけずに先を急ぎ、斜めに読み進めるならば、読者は林田力が登場人物と共に考える世界を共有できない危険がある。ゆっくり読むことにより、焦らずに著者の本心との対話が可能になり、林田力の意図を深く会得することができる。
二回目はテーマの論理と文体との壮大な作品構造に驚嘆する。ストーリーは緊密に組み立てられており、次がどうなるか、どのような反応を原告が示すのか夢中になる。そして三回目には消費者が東急不動産に勝訴して売買代金を取り戻した東急不動産だまし売り裁判の深い意義を究明する。本書には読者の気に入るところが少なくない筈である。作品全体に崇高な香気が満ち、驚嘆すべき作品である。
『東急不動産だまし売り裁判』の緊迫感のある展開では写実の成果を楽しむことができる。冷静で感情を抑制した写実に徹し、物自体を文章に浮き彫りにする。そこにはファンタジーではなく、事実の重さに徹する写実の精神が存在する。それが『東急不動産だまし売り裁判』の一語一語に形をとって表現されている。それが事実の重みを言葉の重みで物語る作品に結実している。
林田力の写実の精神はタイトルの『東急不動産だまし売り裁判』が示すとおり、固有名詞を大切にし、必要な時に的確に表現して、事物の本質をより鮮明に際立たせている。一方で『東急不動産だまし売り裁判』では「原告代理人」「裁判官」など普通名詞で表現することで実名よりも役回りを重視する箇所もある。これを奇妙な人間の構図と冷たく批判する評論家も存在するが、東急不動産だまし売り裁判を描くという構想から外れまいとした結果である。
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/1693
http://hayariki.seesaa.net/article/171973789.html
林田力「『坂の上の雲』日露の悲恋で第二部開始」リアルライブ2010年12月7日
http://npn.co.jp/article/detail/25222549/
http://news.livedoor.com/article/detail/5190944/
林田力「『BLEACH』第48巻、斜め上の展開で破面篇完結」リアルライブ2010年12月8日
http://npn.co.jp/article/detail/04709309/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
東急電鉄対ニュータウン管理組合訴訟判決は住民自治の脅威(中)林田力  HOME  東急不動産工作員は実生活でも嫌われ者

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]