林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
原告は消費者契約法第4条第2項(不利益事実不告知)に基づき、アルス東陽町301号室の売買契約を取消した。原告による取消しの意思表示により、原告と東急不動産(販売代理:東急リバブル)との間のアルス東陽町301号室売買契約は最初から存在しなかったことになる。これにより、債権・債務は最初から発生しなかったことになる。
しかし東急不動産は原告の意思表示を無視し、売買代金返還を拒否したため、原告は売買代金返還を求めて東京地裁に提訴した。東京地裁平成18年8月20日判決は東急不動産の不利益事実不告知を認め、東急不動産に売買代金2870万円の全額返還を命じた。東京高裁での和解は一審判決に沿ったものであり、和解成立において原告が訴えを取り下げていないため、あくまで和解条項は契約取消し後の原状回復を規定したものに過ぎない。東急不動産の買取りでも再売買を意味するものでは断じてない。契約取消しにより、原告の所有権の根拠となった売買契約が存在しなくなったため、原告は東急不動産に売却できる不動産を所有していない。
契約取消しにより、原告がアルス東陽町301号室を購入していないことになったため、原告のアルス東陽町301号室が居住している状態は、正当な権利なくして不動産を占有していることになる。だからこそ和解金の算定において賃料相当額を控除した。
東急不動産が賃料相当額を控除した金額を和解金として支払うという事実は、原告によるアルス東陽町301号室の占有が正当な権利に基づかないものであることを東急不動産自らが認めたことを意味する。即ち原告の所有権の根拠となるべき不動産売買契約が適法に取り消されたことを東急不動産自らが認めたことである。最初から原告には所有権は存在しないのだから所有権が移転することはない。従って和解金受け渡し日が登記原因の日付であることはあり得ない。
http://tokyufubai.seesaa.net/article/37446954.html
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
アルス恵比寿メイクス名誉毀損裁判訴状案
被告は、アルス恵比寿メイクス管理組合定期総会議事録を訴外株式会社東急コミュニティーの補助を受けて作成した。訴外東急コミュニティーはマンション管理会社であり、アルス恵比寿メイクスの管理を受託している。 被告が作成した議事録の具体的内容の詳細は、甲第一号証に記..
URL 2007/05/02(Wed)11:00:19
トステム成東株式会社成東工場、2007年9月末で閉鎖
トステム株式会社(本社:東京都江東区、社長:小川康彦社長)は、千葉県山武市のトステム成東株式会社成東工場を2007年8月末で操業停止し、9月末で閉鎖する(トステム株式会社「トステム成東工場、2007年9月末で閉鎖」2007年3月29日)。「現在、成東工場に勤務する158名の従業員は近隣工場への異動を予定」と発表するが、家庭事情で移れない従業員は辞めるしかない。単身赴任手当てが3万ちょいしか出なければ生活できる訳がない。要するに「辞めてくれ」ということである。今後も閉鎖工場は続くことが予想される。
URL 2007/05/02(Wed)11:23:17
東急不動産の深い関与
二子玉川東地区再開発に東急が深く関与していることは東急不動産が自認していることである。自社Webサイトに「東口地区の主要地権者である東急電鉄と東急不動産は、当初から事業コンサルティングや設計素案作りなどに随時社員を派遣し、組合をサポートしてきた」と記述する
URL 2007/05/02(Wed)11:42:27
ブランズ大宮宮原サンマークスに低評価
ブランズ大宮宮原サンマークスは近隣住民からは激しい反対運動が起きている。反対運動側は「ブランズ大宮宮原サンマークス建設地は墓地であり、呪われる」と主張する。ブランズ大宮宮原サンマークスの売主は東急不動産株式会社、建物売主は三洋ホームズ株式会社、神鋼不動産株式会社である。販売代理は東急リバブル株式会社、三菱地所住宅販売株式会社である。施工は五洋建設株式会社である。地上17階地下1階建179戸の巨大マンションである。 ブランズ大宮宮原サンマークスの評価は低い。先ず立地が不便である。JR東日本...
URL 2007/05/02(Wed)13:36:11
生来悪心を持った人間でない限り、
人の性は元来罪を好まないものである。ところが、東急リバブル東急不動産は不動産営業の欲望を煽り、罪悪を与え、後天的な欲を与える。その結果、人間の善良な本能を押し殺し、不動産営業を悪に導く。 人智の中に隠れている不思議な鉱脈を掘るためには不幸というものが必要な時もある。火薬を爆発させるには圧力がいる。東急リバブル東急不動産の騙し売りが方々に散らばっていた被控訴人の才能を一つにした。才能は狭い領域でぶつかり合う。ぶつかり合うと電気ができる。電気からは火花が出る。火花からは光が出る。 被控訴人は、これから進ん...
URL 2007/05/03(Thu)17:03:44
東急コミュニティー、管理組合文書を流出
株式会社東急コミュニティーは管理組合宛の文書を外部に流出させた。漏洩されたのは同社東京東支店が管理を受託するハイラーク東陽町管理組合(江東区千石)の財務文書等である。ハイラーク東陽町は東急コミュニティーに管理を委
URL 2007/05/03(Thu)17:08:08
住民無視の二子玉川東地区再開発
「人間の生活を犠牲にし、どこにでもあるような高層を含むコンクリートの街を作ることは見直して欲しいと、これまで東京都、世田谷区、東急に申し入れてきましたが、もう、決まっていることだから、折角ここまできたのだから、と理由にもならない説明でした」(原告飯岡美和
URL 2007/05/03(Thu)17:18:23
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
井口寛二、和解成立後に虚偽説明  HOME  東急不動産、嫌がらせ目的で供託制度を悪用か

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]