林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
3.「LD側からの採光を妨げるものではありません」は「301号室居室全体として全く採光を妨げるものではないとの内容で記載させて頂きました」とありますが、建替えは北隣であり、それによって日照・眺望が皆無になると主張しています。こちらが先に書いた「日中であるのに深夜の如く、全く日照があたらなくなるという」に対する反論として何ら成り立ちません。
契約解除を申し入れに対し、それを受け入れないものとして否定する論拠として上記を述べる理由を明確に説明してください。一面だけでも残ればいいだろうというのは悪徳企業の本音としてよく理解しましたが、全く成り立ちません。
上記発言は発言者(大島聡仁)の人格を評価する上で貴重な資料となるものですが、購入者を馬鹿にすることこの上ありません。改めて撤回を要求します。元々、大島氏には文中に追伸を使用するなど客を客とも思わない態度があり、何ら反省していません。
4.「建替については不確定事項であり、原告様にご説明はさせて頂いておりません」とありますが、それならば、「原告様自身も実際に現地を確認して東急リバブルより説明を受けた」ことは契約解除を拒否する理由にはなりません。実際に説明を受けたらば、現在の301号室のようにどんなに問題のある物件でも納得して購入したことになりますが、売主から売主の知っている事実を伝えられていないで購入した以上、説明を受けたことにはならず、これを理由とすることはできません。理由とする納得のいく説明をお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
二子玉川ライズ取消訴訟訴状:バブル
(5) 以上の通り,本訴申立にかかる第2期事業は,もともと第1期事業と一体の事業として計画され,都市計画決定がなされていたにもかかわらず,上記Ⅱ-a街区部分のみはあえて事業化が見送られ,これを除く事業のみが第1期事業として施工されたものである。  本件再開発事業は
URL 2011/01/03(Mon)12:20:03
劇場版2作目公開中『相棒』の奥深さ(5・終)
【PJニュース 2010年12月31日】姉川は肉体派ではなく、頭脳派的な位置付けになる筈だが、推理力の冴え渡る杉下と組む以上、頭脳面ではなく、足で貢献することになる。これは番組の宿命である。しかし、捜査経験のない姉川にできることは限られている。そのため、推理面では相棒というよりも視聴者に説明するためのワトソン的存在であった。それでも最後には犯人にタックルまでするようになった。
URL 2011/01/03(Mon)21:01:13
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
口だけで謝罪しない東急不動産  HOME  東急不動産回答文書の改善と不誠実

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]