林田力 東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った 書評 Facebook Amazon 忍者ブログ
東急不動産東急リバブルのマンションだまし売りや不誠実な対応、東急不動産係長脅迫電話逮捕事件、東急コミュニティーの杜撰な管理、東急建設談合、東急ハンズ過労死、東急ホテルズ食材偽装などを紹介します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東急電鉄・東急不動産らのブランズシティ守谷の販売開始時期が、またまた延期された。2008年1月に販売開始時期を2008年1月から3月中旬に延期したばかりだが、2月下旬に「販売スケジュール:3月下旬販売開始予定!」と変更された。3月下旬になると「販売スケジュール:4月中旬第1期販売開始(予定)!」と延期された。
逃げ水のようなスケジュールである。販売時期が土壇場になって延び延びになるのは不審である。がめつさ丸出しの戸数とセンスのない外観で、すこぶる評判が良くないことを東急不動産らは今頃になって理解したのだろうか。
3月中旬への延期の際には最寄り駅までの所要時間を実際よりも短くするという虚偽広告の可能性が指摘された(林田力「東急の新築マンションでも広告表記訂正」オーマイニュース2008年2月1日)。3月下旬への延期については廃棄物垂れ流しの違法工事を指摘する声がある。
ブランズシティ守谷は周辺住民との協議が終わってないのに建設を強行したため、住民問題は未解決のままである。周辺住民には工事着工のぎりぎりまで30階建てにすることを知らされておらず、腸が煮えくり返っているのも当然である。守谷市からスーパーやショッピングセンターができると説明されて、楽しみにしていたのに一番建ってほしくないグロテスクな超高層マンションでは心中察して余りある。
http://yaplog.jp/tokyufubai/archive/619
http://hedo.at.infoseek.co.jp/b/qualia2.htm
林田力「不動産広告の誤記が、他社の広告に伝播」オーマイニュース2008年3月28日
http://www.ohmynews.co.jp/news/20080324/22486
http://d.hatena.ne.jp/tokyufubai/20080324
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
林田力「『銀魂 第24巻』
林田力「『銀魂 第24巻』 空知英秋著」オーマイニュース2008年7月31日  記者(=林田)はマンションのだまし売り被害に遭い、売り主の東急不動産(販売代理:東急リバブル)と徹底的に戦った経験がある(参照:「東急不動産の遅過ぎたお詫び」)。このスタンスは現在でも変わらないし、変えてはならないものと考えている。  そのような記者にとって信念を貫く『銀魂』のキャラクターたちは共感が持てるし、まぶしくもある。目の前の敵とひたすら戦うだけで、状況が変われば過去の敵もなぜか味方になってしまうような戦闘漫画とは...
URL 2008/08/06(Wed)12:20:48
東急不動産、市議会議決を無視して戸建て業者に売却
景観を破壊する東急不動産の逗子市桜山9丁目計画に対し、逗子市議会には「東急不動産の大規模マンション開発で消滅の危機にある鳴鶴ヶ崎の緑地について買取りをお願いすることについての陳情」がなされた(平成18年第1回逗子市議会定例会、陳情第1号)。陳情は2006年2月15日、全会一致で了承された。 菊池俊一・市議は以下の意見を述べた。「東急不動産がマンション建設を予定している鳴鶴ヶ崎は大正10年の逗子八景にも鳴鶴夕照として選定され、先ほど可決された逗子市景観条例においてもその地が逗子市の景観上大切であると示され...
URL 2008/08/06(Wed)12:53:18
林田力「ネット選挙運動は、金持ち候補に有利か、
不利か」オーマイニュース2008年7月30日 http://www.ohmynews.co.jp/news/20080729/27572 http://m.ohmynews.co.jp/news/20080729/27572  記者はシンポジウム「インターネット選挙運動の現状と問題点を探る」の報告記事を書いた(参照:「ネット選挙運動」シンポに参加し
URL 2008/08/06(Wed)21:19:12
東急不動産は逗子市桜山9丁目でも
近隣住民に対して不誠実な対応を繰り返した。東急不動産は鳴鶴ヶ崎(なきつるがさき)の山を半分切り取って、マンションを建設しようとした。鳴鶴ヶ崎は逗子八景の一つ「鳴鶴の夕照」で有名な景勝地であり、景観破壊のマンション計画に対し、当然のことながら住民反対運動が..
URL 2008/08/06(Wed)21:33:38
こちら葛飾区亀有公園前派出所160巻
林田力「【コミック】長期連載成功の秘訣『こちら葛飾区亀有公園前派出所160巻』」ツカサネット新聞2008年7月28日 本書は週刊少年ジャンプで連載中のマンガの単行本である。漫画作品として有数の長いタイトルのため、「こち亀」と省略されることが多い。「こち亀」は基本的に一話完結型のギャグ漫画で、亀有公園前派出所に勤務する中年の警察官・両津勘吉巡査長(ニックネームは両さん)を主人公とする。 「こち亀」の魅力の一つは警察官を主人公としていながら、警察とは無関係な話題が豊富なことである。職業が警察官でなくても...
URL 2008/08/09(Sat)11:12:25
東急不動産敗訴判決二周年
東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件について東京地裁で判決が言い渡されてから2008年8月30日で二周年となる。東京地裁平成18年8月30日判決は東急不動産(販売代理:東急リバブル)の不利益事実不告知(消費者契約法第4条第2項)を認定し、東急不動産...
URL 2008/08/09(Sat)13:12:30
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
林田力『東急ハンズ過労死』
HP:
性別:
男性
職業:
『東急不動産だまし売り裁判』著者
趣味:
読書
自己紹介:
林田力『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』は東急ハンズ過労死事件を特集する。東急ハンズでは心斎橋店員が長時間労働やサービス残業強要、パワハラで過労死した。神戸地裁は過労死を認定し、東急ハンズに7800万円の損害賠償を命じた。東急ハンズはブラック企業大賞にノミネートされた。
東急ハンズは東急不動産の子会社である。東急不動産だまし売り裁判と東急ハンズ過労死は東急不動産グループが消費者にも労働者にもブラック企業であることを示している。東急不動産ではトラブルになった顧客に係長が脅迫電話を繰り返した逮捕された事件も起きた(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazon Kindle)。
バーコード
ブログ内検索
ピーエス三菱最悪だね!  HOME  東急不動産の控訴趣意書は悪文

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]